2020-04

11・23(金)ジェイムズ・デプリースト指揮東京都交響楽団
ワーグナー・プロ

  東京芸術劇場(マチネー 2時)

 デプリーストのワーグナーものはこれまであまり聴いたことはなかったが、予想通り禁欲的に引き締まった、あえて言えば引き締まりすぎた(?)サウンド。「ジークフリートのラインへの旅」前半、都響の弦がこれほど大きなスケールでクレッシェンドしたのは久しぶりに聴いた。とはいえ、「冷静なワーグナー」は、やはりどこかに欲求不満を残してしまう。
 曲は、「トリスタンとイゾルデ」の「前奏曲と愛の死」、「ヴェーゼンドンクの5つの歌」(ソロは佐々木典子、好演)、「神々の黄昏」からの3曲。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/99-77d4f192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」