2020-04

11・7(水)クリストフ・エッシェンバッハ指揮パリ管弦楽団

  サントリーホール

 今日はパリ管、昨日は国立リヨン管、一昨日はマリインスキー劇場管、その前日はミュンヘン・フィル。これだけの来日オーケストラが、サントリーホールに連日登場している。いずれも九分通り客席が埋まるのだから、考えてみれば、東京という所は、たいしたものである。
 
 ベルリオーズの「幻想交響曲」に、アンコールはスメタナの「売られた花嫁」からの「道化師の踊り」。昨夜のリヨン管に比較すると流石にオーケストラの風格は大きいものがあり、技術的にも優れたところが多いが、しかし総合奏での音色は必ずしもきれいとはいえず、この楽団にして何故このような、と思いたくなるような混濁も時に生じることがある。リピートはすべて行なわれたため、演奏時間も長い。第3楽章では、イングリッシュ・ホルン奏者はステージ袖に登場、暗譜で吹き、また袖に姿を隠して行く。これは音響効果の上でも一風変わった味を出していた。

 前半には、ラン・ランがベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第1番」を個性豊かに弾いたが、アンコールになんとワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」の「愛の死」(リスト編曲)をモルト・エスプレッシーヴォに弾き、すっかり舞台を食ってしまった。

コメント

住いが関西のため行けなかったとはいえ、
なんと「完全に食った」ランラン !?
伝わる ! 想像できる !
あぁ~やっぱりその場にいて感動したかった・・・!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/85-a7f1a31c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年8月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」