2020-05

4・5(月)小山由美&飯守泰次郎指揮東京シティ・フィル
(小山由美・サントリー音楽賞受賞記念コンサート)

   サントリーホール 7時

 3日連続で「パルジファル」の第1幕前奏曲を聴くことになろうとは、当初は予想もしていなかった。
 3種の演奏の中では、今日のがいちばん所謂「トラディショナルなワーグナー」っぽいスタイルだったが、これはまあ、飯守泰次郎の指揮だから当然だろう。陰翳の濃い、重々しいけれども空間に柔らかく拡がり行く響きを持った、適度の情感をも備えた演奏である。
 先日の「ブル8」と同様、3連発でありながらそれぞれ全く異なったスタイルの演奏に廻り合ったわけだ。これが、コンサート通いの醍醐味であろう。

 プログラムは、ワーグナーの「ワルキューレの騎行」で始まり、同じく「ワルキューレ」から第2幕の「フリッカのクレーム」(本当はそんなタイトルはないが、ここだけの仮の名称である)、R・シュトラウスの「カプリッチョ」から序曲と「月光の音楽」、ツェムリンスキーの「メーテルリンクの詩による6つの歌」、「パルジファル」から第1幕前奏曲および第2幕の「クンドリの誘惑場面」、アンコールはR・シュトラウスの「献呈」。

 今夜の主役は、サントリー音楽賞を受賞した小山由美だ。
 ドイツ後期ロマン派以降のオペラを歌って、彼女ほど毅然たる風格と、人間的な温かさに富む表現とを併せ持つメゾ・ソプラノは、わが国には他にいないだろう。
 「ワルキューレ」では、ヴォータンのパートを省略してのフリッカの独り歌いの形が採られたが、これにはやはり違和感を抑えきれぬ。クレームをつける相手が目の前にいて――それも舞台上演だったらなおさらのこと――彼女はいつもの迫力をもっと存分に発揮したはずである。

 クンドリの場面では、成田勝美がパルジファル役で協演、かなり激情的な表現で小山の歌を受けたが、ここでの彼女は妖艶な魔女というよりは、日本の慈母(?)とでもいった雰囲気。

 結局、私の主観では、ツェムリンスキーの歌曲集に彼女のヒューマンな表現力が最もよく顕われていたように思う。アンコールで歌った「献呈」は、オケとともにやや落ち着かぬ空気のままに終ってしまった。
 あえて率直に言わせてもらうなら、今夜の演奏会では、小山由美の日頃の力量と魅力は、その半分程度しか発揮されていなかったようだ。サントリー音楽賞受賞演奏会ということもあって、慎重に構えすぎたか?

 東京シティ・フィルも、今夜はお世辞にも良いとは言えない。特に一部の金管楽器の粗雑さには、聴いていて何度か下を向いてしまったほどだ。かつて飯守泰次郎とワーグナーのオペラ全曲をセミ・ステージ形式で次々と上演して行った頃の、あの昂揚したシティ・フィルは、どこに行ってしまったのか? 
 思えばこの3日間、ワーグナーを競演した3つのオーケストラは、程度の差こそあれ、いずれも管楽器群に問題を残していた。いまどき、ゆゆしきことだろう。

コメント

プログラム・ビルディングに疑問

当夜の管楽器群の低調さは、まったく東条さんのご見解と同感です。飯守泰次郎といえば、ワーグナー解釈では一家言ある指揮者なのに。
小山由美のプログラム・ビルディングは一考の余地があったのではないか。かつて、カルメンを圧倒的な存在感で演じていた記憶がある。ドイツものに統一したかったのかもしれないが、小山の魅力を十全に引き出したかというと疑問が残る。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/707-a001f157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

ブログ内検索

お知らせ

●2007年8月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年8月
2006年7月
2006年4月
2006年3月
2005年12月
2005年8月
2005年4月
2005年3月
2004年4月

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」