2019-07

3・30(月)エリアフ・インバル指揮東京都交響楽団、
オピッツが協演

  横浜みなとみらいホール

 インバルが、いかに都響を変えて行くか――そこに興味を持ち、今回は少し集中的に聴いてみることにした。今日は「フィガロの結婚」序曲に始まり、ゲルハルト・オピッツのソロで「皇帝」、最後にチャイコフスキーの「第5交響曲」というプロ。

 「皇帝」では、久しぶりに飾り気や誇張のない、骨太で率直なベートーヴェンを聴いた気持になった。オピッツの生真面目で真摯なソロと、インバルのひた押しに押す指揮がぴったり合い、音楽は速めの安定したテンポで、毅然として突き進む。第2楽章も美しかったが、フィナーレも胸のすくような演奏。都響、明らかに勢いが出て来た。

 チャイコフスキーでもインバルは引き締まったテンポで、4つの楽章をアタッカで演奏、都響を煽りに煽る。これほど燃えた都響を聴いたのは久しぶりだったかもしれぬ。トランペットが加わった時の金管群全体の音色が少し濁り気味なのが気になるが、演奏にあれだけ熱気があったのだから、善しとしましょうか。
 カーテンコールで舞台に笑顔が多かったのも、好感を呼ぶ。演奏者が楽しそうにしていないと、聴衆も楽しい気持にならないから。
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/443-26ebc036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」