2021-06

2021・3・25(木)小曽根真60TH BIRTHDAY SOLO

     サントリーホール  7時

 ホールの正面入り口近辺は、私などが入っていいのかと思うような雰囲気。客席は圧倒的に女性客ばかり。もちろん、男性客もチラホラとは居るけれども。それに、サントリーホールがこれほど満席近い状態になっているのを私が見たのは、昨秋のウィーン・フィル以来だ。

 主催がヒラサ・オフィスおよびJ-WAVEとなっている。ふだんクラシックの室内楽やリサイタルの主催を中心に活動している平佐素雄さんの事務所が、こういう方面のコンサートをも主催し、しかも満員にしている、ということを、私は不勉強にして、今まで全く知らなかった。

 配布されたパンフレットの表紙には「CLASSIC×JAZZ」と記載されており、CLASSICを見事にJAZZ化させたものも含まれている。私はその方面のテリトリーには疎いので、専ら彼の美しい、千変万化で変幻自在のピアノに快く耳を澄ませるのみ。
 9時過ぎ終演、客席は総立ちのオヴェーション。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」