2021-06

2020・6・27(土)関西フィルも公開で定期演奏会を再開

     ザ・シンフォニーホール  2時

 こちらザ・シンフォニーホールでも、関西フィルハーモニー管弦楽団が当初の予定通り客演指揮の鈴木優人を迎え、聴衆を入れた定期演奏会を再開した。

 ただしプログラムは、モーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」序曲以外は変更され、当初の予定だったブラームスの「ハイドンの主題による変奏曲」と「第2交響曲」の代わりに、モーツァルトの「交響曲第29番」、シューベルトの「交響曲第5番」という小編成の作品が加えられた。弦6型による室内楽団的な編成だったが、これは古典派系プログラムには悪くない規模だ。コンサートマスターは岩谷祐之。

 とはいえ、今日の演奏は心なしか慎重で、オーケストラの表情も重い。それはほぼ4カ月に及んだ活動休止のあとの緊張感の所為か、間隔を空けてのオーケストラ配置になかなか馴染めなかった所為かは判らないけれども、シューベルトの「5番」などはもっと闊達さが欲しく、特に第2楽章ではシューベルト特有の転調の妙味━━明から暗、暗から明への対比という、陰影の明確さが欲しかった。
 最もバランスが良かったのは、モーツァルトの「29番」の演奏だったのではないかと思う。

 また、オーケストラの表情の重さに加え、響きも些か重いように聞こえたのだが、これは私の聴いた席が1階の下手側の壁際で、コントラバスの声部がよく響いて聞こえていたためもあるかもしれない。だが、鈴木優人と関西フィルの相性はなかなか良いようで、ステージの雰囲気や、聴衆の反応などにもそれが感じられる。

 弦の奏者たちはマスクなしで弾く。演奏前に鈴木優人が自らマイクを取り、マスクをしていると気が散って演奏に集中できないと皆が言う、と説明。また、先日東京で行なわれたオケの演奏実験の結果なども含め、普通に演奏した場合、まずは飛沫感染の心配はない、ということをも客に伝え、安心させていた。

 客の側における感染症対策の方法は型通りだが、体温測定の方法が「通行しながら測る」システムではなく、一人ひとり額に非接触検温器を向けての測定だったため、客の入場には些か時間がかかったようで、開演時間ぎりぎりにどうやら全員が間に合った。
 クロークもプレイガイドも、このホールの名物であるティールームなども、全て閉じられている。客たちは黙々と、粛々と入退場。客の入りは、ざっと見たところ500~600人くらいかと思われるが、当節の状況からすれば、結構な入りと言っていいのではなかろうか。

 だが、あれこれ注意を促す場内アナウンスが、他のホールのそれに比べかなり綿密なので、お客たちはいやが上にも重苦しい雰囲気に引きずり込まれてしまう。お役所的コメントで厳しく注意して脅かすのも一法だろうが、もう少しユーモアをも交えた、硬軟両様の場内アナウンスのコメントを考える洒落者はいないものか━━まして吉本の上方なら。
 つい先頃までは当然のように感じられていたコンサート会場の華やぐような雰囲気も、今はもう全く消えた。それが復活するのはいつのことだろうか。だがとりあえず今は演奏会が再開されるようになったことを慶ばなくてはなるまい。今日は珍しく20分の休憩を入れての通常スタイルで、終演は3時45分頃となった。

 大阪4オケでは、このあと日本センチュリー交響響楽団が、6月29日(月)に4月定期の延期分を、7月9日に7月定期を、いずれも秋山和慶の指揮で、客を入れて開催する。この楽団は、去る20日(土)に「ハイドン・マラソン」をいち早く公開で再開していたのである。残る大阪交響楽団は、7月16日(木)に小泉ひろしの指揮で7月定期を公開で再開と聞く。

コメント

4ヶ月ぶりに生演奏を拝聴。

開演前、東条先生に、ご挨拶できて嬉しかったです。4ヶ月ぶりの生演奏は、感無量でした。とりわけ、モーツァルトの29番は、バランスが良かったと思います。それにしても、こうして生で拝聴出来る事のなんと幸せな事か。アナウンスが少々重々しかったですけれど、しばらくはこういう形になるのでしょうね。関西フィルさんの頑張りにも、拍手を贈りたいです。

大フィルと違って、こちらは弦楽器マスク無しだったんですね。大フィルのやり方を悪く言う資格はありませんが、そちらでも書いた通り私自身は関西フィルのやり方の方で良いと思います。その分館内放送は細かかったようで(笑)。
マスクがあっては集中できないというのは大いに考えられると思いますし、私もそうですが眼鏡の方は眼鏡が曇ってしまう事もあると思われます。お客もそして誰より演奏家の方々のお客の前で演奏なさる歓びも、完全な形の一歩手前と言ったところでしょうか。
因みに私自身はこの演奏会と迷って今回は共に初めての京都コンサートホールとフェスティバルホールを選んだところでした。必ずや別の機会に。

七夕オンラインコンサート

7月7日、18時30分より、関西フィル弦楽四重奏、有料オンラインコンサートがあるそうです。創立50周年の関西フィル、これも楽しみです。

訂正です。

関西フィル七夕オンラインコンサートは、無料だそうです。応援チケットとして、寄付できるそうです。申し訳ありませんでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

ブログ内検索

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」