2019-11

2019・11・4(月)ヤニック・ネゼ=セガン指揮フィラデルフィア管弦楽団

      サントリーホール  4時

 日本ツアーの2日目、チャイコフスキーの「ヴァイオリン協奏曲」とマーラーの「交響曲第5番」という組み合わせで、全4回の日本公演のうち、このプログラムは今日だけの由。

 音楽監督就任以来8シーズン目に入ったネゼ=セガンは、すでにこのオーケストラと一体化しているようだ。
 今日の、特にマーラーの「5番」では、奇を衒うことのないストレートな指揮の裡に、名門フィラデルフィア管弦楽団を自在に制御する━━というよりもむしろ、指揮者の考える音楽を充分に主張しながらも、オーケストラに伸び伸びと演奏させる、といった境地を実現しているように感じられるのである。

 フィラデルフィア管弦楽団のブリリアントな響きも健在だ。「5番」の第1楽章では、いくつかのソロ楽器の3連音符に少々無頓着な演奏も聞かれたものの、アンサンブルの音の均衡は前回来日の頃よりもずっと安定している。
 ともあれこれは、神経質な葛藤や自己矛盾などの複雑な心理表現といったものを一切排除した、いかにも屈託ない、壮麗無比な音の大洪水といった印象のマーラーであった。だが、豪華な音響的快感という点では、申し分ない演奏だったことは確かである。

 協奏曲を弾いたジョージア(グルジア)出身のリサ・バティアシュヴィリは、洗練された透明感と、率直な叙情と、若々しい躍動とを兼ね備えた演奏で、魅力的な人だ。一方のオーケストラの方は━━この曲になると、途端に昔のオーマンディ時代以来の「フィラデルフィア・サウンドによるチャイコフスキー」が蘇って来るから不思議である。その美音は全く見事なもので、良くも悪くも個性的だ。

コメント

京都で拝聴しました。

大阪でのプログラムは、ラフマニノフの[ピアノ協奏曲第2番]と、ドボルザークの[新世界より]という定番でした。ハオチェン.チャンさんのラフマニノフはお見事でした。[新世界より]も素晴らしかったです。が、もう少しフィラデルフィアサウンドを堪能できるプログラムであれば、なおさら良かったです。

凄かった! しかし・・・。

同じプログラムを拝聴しました。前半のチャイコフスキーは素晴らしかったですね。ソロも最高でしたが、ネゼ=セガンは第2楽章で実に精妙かつニュアンスたっぷりの伴奏を聴かせてくれました。

これは後半凄い演奏になるぞと期待したのですが、マーラーでは超ヴィルトゥオーゾオケの実力に圧倒されたものの、少々単調だったとの印象あり。とにかくすべてのパートが見事に演奏され、器楽的にはほぼ完璧な演奏だったと思うのですが、マーラーの作品には、もう少し陰影というか、病的なところ、ドロドロしたところがあるべきではないかと思うわけで、やや健康的に過ぎたのではないかと。

作曲家の吉松隆さんが、交響曲は基本的に純粋な音楽の結晶体だが、それを社会的な存在に引き下げた(引き上げた?)のがマーラーで、それを政治的な存在にまでさらに引き下げた(引き上げた?)のがショスタコーヴィチだ、という趣旨の発言をされていた記憶があります。その意味において、かなり純音楽的な演奏だったのかもしれません。凄いなと思いつつ、少し(空虚さとまでは言わないものの)物足りなさを感じながらの帰途となりました。

フィラデルフィアサウンド懐かしい。(オーマンデイトーン?)
1967年の大阪公演、ブラームス2番とシベリウスの2番の二日間を聞いたようです。当時は娯楽も少なくビデオやcdもない時代。大阪では五公演。東京では七公演もあったのです。足を引きずりながらオーマンデイの導き出す華麗なサウンド、特にシベリウス、その後聞いたセルのシベリウスの白と黒のようなサウンドとは対照的だった、スターンとのチャイコフスキーのLP探して聞こうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」