2020-04

2019・9・4(水)西脇義訓指揮デア・リング東京オーケストラ

       東京オペラシティ コンサートホール  7時

 最近話題になっている、ユニークな楽器配置でユニークな響きを出すオーケストラ、「デア・リング」の生演奏を初めて聴く。これは公演としては第2回にあたるものだそうだ。

 このオケの主宰者であり、指揮者である西脇義訓さんとの付き合いはもう40年以上、彼がフィリップス・レコードのスタッフだった時からだ。温かい、穏やかな感じの人柄が、今でも私たちを惹きつける。
 彼の企画力は当時から抜群で、特に後年には奇抜なアイディアにも長け、「きんさん・ぎんさんのクラシック」(メイン曲がレハールの「金と銀」)というCDとか、「小澤幹雄のやわらかクラシック」(小澤征爾の録音集)というCDなども制作したこともある(後者は私が構成選曲をやらせてもらったものだが)。
 その彼が、バイロイト祝祭劇場の特殊なオーケストラ配置をヒントにして「デア・リング」なるオケを創設したと聞いた時には、ついに豪いことをやり出した、と舌を巻いたものだ。

 今日の演奏会のプログラムは、シューベルトの「未完成交響曲」と、ブルックナーの「第7交響曲」だった。
 「未完成」での楽器配置は、ステージ前面に、各々円形になった弦楽五重奏のグループを4つ並べ、その各々中央に木管の1番奏者たちを配置、而してそれらのグループの背後に2番奏者たち及び金管群を各々分散して配置する、という具合である。

 つまり、各セクションの奏者たち、あるいは1番・2番奏者は、舞台上にバラバラに━━といってももちろん西脇の考えに基づく一定の法則はあるのだろうが━━配置されるため、たとえばフルートやオーボエは舞台のあちこちから聞こえて来る、という仕組になるわけだ。
 プレイヤーの中には、配置の関係で、指揮者に背を向けた姿勢のまま演奏する、という奏者もいる。

 一方ブルックナーでは、ステージ最前列にチェロが1列に並び、2列目と3列目には、下手側に第2ヴァイオリン群、上手側に第1ヴァイオリン群が位置する。そしてその奥に他の楽器群が、各セクションが分解されて配置されるというわけである。全員が正面を向いて並ぶ。半円形になって指揮者を見る、という形ではない。

 こういう配置のオーケストラから響き出す音が、いつも聴き慣れたサウンドとは全く異なって来るのは、いうまでもない。
 今日は1曲目を2階最前列、2曲目を1階席後方で聴いたが、その範囲で単刀直入に言えば━━楽器の定位が明確でない録音を聴いた印象に似ている、ということだろうか。昔、フルトヴェングラーのモノーラル録音を電気的に疑似ステレオ化して話題を呼んだ、あの「ブライトクランク方式」の音を思い出させるのである。
 音の量感はたっぷりと保たれ、オーケストラ全体は混然としながらも一体となり、マッスの力感として響いて来る。内声部の動きは、ナマ演奏であるだけに、楽器によってはブライトクランクよりもずっと明確に聴きとれる。

 一方━━これはブライトクランクとは別個の話だが━━同種の楽器が各所に分散しているために、各パートごとの調和は生まれず、それらの対比も明確にはならない。つまり、スコアそのものが分解されてしまっているのである。ブルックナーの音楽に備わる壮大な量感は保たれているが、彼の音楽に特有な清澄な音色は失われ、時には混濁した巨大な音塊というイメージに陥ることさえある。

 断っておくが、私はこれらを、単に伝統的なオーケストラ・サウンドとは違うから不可ない、などという非難の意味で言っているのではない。その伝統的なオーケストラ配置を分解した手法は、一部の現代音楽では当然のように行われているものだが、その手法を古典派やロマン派の音楽にも適用したかのような前代未聞の試みに接して、今は未だ考え込むだけの段階にとどまっている、というのが正直なところなのである。

 これまでにも、楽器配置を大胆に変更し、新鮮な響きを生み出させることに成功した指揮者の例として、ストコフスキーがいる。だが「響き」は、音楽の重要な要素ではあるものの、あくまでも要素の一つに過ぎない。
 西脇さんがこの試みによって、作曲者の意図から、あるいは作品の性格から何を再創造しようとしているのかは、私には未だよく解らないのだ。だが、いずれにせよその発想の豊かさに、いたく感心させられたことは事実なのである。

コメント

東条様

私も先日のデア・リング東京オーケストラの演奏を聴かせていただいておりました。
私は昨年の三鷹、風のホールでの演奏で、この画期的な並び方を見ており、また、以前に長岡京アンサンブルの森悠子氏の、全員が後ろ向きに座って音を出すワークショップを京都で聴講させていただいておりましたので、シューベルトの並び方に関して違和感はなく、むしろ、奏者の感覚が研ぎ澄まされ、素晴らしいアンサンブルが生み出されているように今回も感じました。音楽が活きているようでした。
ブルックナーも特に2楽章のハーモニーが素晴らしく、指揮者の方が最後に紹介されていた、ハーモニー練習としてのコラールそのままのような、少し悲しめの美しい色がただよい、流れているように思いました。
また、ブルックナーはチェロが最前列という、圧巻な配置でしたが、横一列に並んでも素晴らしいアンサンブル力。チェロバスがものすごく美しい低音の響きでオーケストラを支えているように感じました。
木管金管楽器も素晴らしく、お互いを聴き合って演奏しているのが感じられ、聴いていてとても幸せな気持ちになりました。
オーケストラの中でヴァイオリンや管楽器のソロの方達は、どこか目立ってしまうものですが、誰一人飛び出ている人がいない、皆でブルックナーの音を作り上げているように感じました。

私は3階で聴いたのですが、友人の話だと、オペラシティ・コンサートホールは3階席が一番良く、あとは1階左右端の方、2階も左右バルコニーが良いとのことでした(素人の個人的な感想です)。
東条様は2階中央(おそらく招待席でしょうか)と1階の後ろということでしたので、もしかしたら、私とは違う印象を受け取られたのかもしれません。

とても感動した演奏会でしたので、一言書きたくなってしまいました。
長文失礼いたしました。

デア・リング東京オーケストラを聴いて

初めまして。西脇さんと縁深いものです、青木十良さんの映画の企画がトリガーでした。
今回は言葉に言い尽くせぬほど音の響きに酔いしれました、
シューベルトの未完成はあらゆる指揮者の演奏を(CDではありますが)聴いてます、
それを聴く度心弾みますが、それ以上のものを感じたことはありませんでした。
ある種食前酒のような飲み心地の良いテースト、そんな印象をこれまで抱いていました。
まぁ、私はクラシックには全くの門外漢でありますから、素人のつぶやきでしかありません。
そこへ持って来て、DRTのシューベルトは違っていました。
楽器ひとつひとつが鋭利な刃物で突き刺すような、それでいて甘美。いつしか知らぬ間に
頬より溢れるものが、初めてでした、こんな気持ちは。

ブルックナーがワーグナーを師と仰いでいるとは初耳でした。
第二楽章の葬送風の曲はブルックナーが慈しみの大河を漕いでいるような
印象でした。小舟は稲光、荒波、風雨を受けながら師に近づきたく追いかけている、
容赦ない激流の渦、待ち構える岩……空漠たる空に希望が見えたのもつかの間、波は一向に静まらない。
そして河の欲望は海へと差し掛かる、師は手の届かない大海へ漕いでいく。
言いようのない寂寥、希望を失いかけたが、小舟は舳先を変え新たな航行を目指すべく櫂をこぎ出す。
あの荒々しい激流は消え、夜空は饒舌に星瞬き船人は新たな航行へと櫂を握った。
ブルックナーに師と仰ぐ人物がいたからこそ、この曲は生まれたでしょう、邂逅が思わぬ豊かさを秘めているのかも知れません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年8月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」