2020-04

2019・6・16(日)沼尻竜典指揮東京フィル「田園」「大地の歌」

     Bunkamuraオーチャードホール  3時

 1階席の中央通路の一つ前の席━━と言えば、オーケストラに比較的近い席だが、ここで聴いた今日の東京フィルの音は、クリアーで粒立ちがよく、しかも量感があって、実に魅力的であった。こういう音をオケ・ピットでも出してくれればどんなにいいかと思うのだが━━それはまた別の話。

 今日は、沼尻竜典の客演指揮だ。素晴らしく聴き応えがあった。
 前半のベートーヴェンの「田園交響曲」では、大編成によるオーケストラの豊麗な音色が、この曲をロマン派音楽の先駆というイメージで描き出していた。
 そしてそれに呼応して、後半のマーラーの「大地の歌」では、これぞ後期ロマン派の魅力ともいうべき壮大さと、華麗さと、官能美と、やや頽廃的な陶酔感などが見事に調和した演奏が生れていたのであった。

 特にこの「大地の歌」での演奏は、この曲がこれほど微細な表情に富む、しかも美しい管弦楽法をそなえていたのかということを改めて認識させてくれたものだったと言えるだろう。
 それに、第3楽章から第5楽章までの3曲では、それぞれの主題があのようにゆったりと丁寧に美しく演奏されると、やはりこれは「マーラー風」ではあるものの、紛れもなく「中国風」のイメージの音楽だ、と感じられるのである。
 かつてレコード評論の大先達あらえびすは、著書「楽聖物語」の中で、この曲について「歌も音楽も少しも支那的ではない」と書いたが、彼がもし今日の演奏を聴いたら、考えを変えたのではないかとさえ思う。

 テノールのダニエル・ブレンナという人は、声はいいのだが、まるでオペラのアリアを歌う時みたいに派手な身振りをしながら歌い続けた。いや、最近のちゃんとした演出の舞台なら、こんな大仰なジェスチュアをして歌う歌手はいない。見ていると苦笑したくなるし、気を散らされること夥しいので、なるべく見ないようにしていたのだが━━。このテノール氏はどうやら、「大地の歌」という作品の性格を誤解しているのではないかと思われる。

 ただ、この時代遅れの身振りのおかげで、マーラーが分厚く書き過ぎたオーケストラに埋没しかねないテノールのパートが生む損なイメージが、多少なりとも逸らされるのに役だっていたかもしれない。
 その一方で、メゾ・ソプラノの中島郁子が見事な歌唱を聴かせていた。

 だが全体として、沼尻竜典は、声をオーケストラに埋没させることを避け、なるべく浮き出させるような巧みな指揮をしていたように感じられた。このホールはシューボックス型なので、その分、ワインヤード型のホールよりは歌手にとって有利だった、ということもあろうが。
     ☞別稿 モーストリー・クラシック9月号 公演Reviews

コメント

また大地の歌

先日の新聞記事でこの曲歌った歌手のカフマンガ声が聞こえないとやじられ退場した記事を読みましたがバランスの難しい曲ですね。以前オーベルニュの歌でも歌手の声がオケに消されて聞こえず気の毒でした。こういう曲はミキシングされた録音で聞くのが良いかも。

お疲れ様です。 私は「大地の歌」はオペラでも協奏曲でもなく“交響曲“だと思っているので(←昨今ではこのようには捉えられてはいないようですが)声楽もオーケストラの楽器の一部として鳴っているのが相応しいと思いますので他の楽器の音を掻き消すような不自然にデカい声のCD録音では曲の真価は伝わらない気がします。 「これほど微細な表情に富む、しかも美しい管弦楽法をそなえていた…」←私は生演奏に接して初めてこの事を理解し、これぞマーラーの最高傑作と痛感したのでした(タバシュニク/N響)。 「マーラーが分厚く書き過ぎた~テノールのパートが生む損なイメージ」←私は不要な音は一つも無いと思ってるのでこれは哀しい…。 ヤジる人までいるとはね…。声しか聴いていないということでしょうかね。 おそらくは交響曲全曲演奏を目指してると思われるパーヴォ・ヤルヴィ/N響が「大地の歌」もやってくれるのかどうか気になるところです。是非聴きたい!

また大地の歌2

大地の歌、過去のN響のコンサートの中継録画を聞いているが冒頭のテノールが聞こえないことはないです、マイクでひらってミキシングされているからと思えます。私もこの曲マーラーのオーケストレイションの白眉の名作と思います。数年前のシンフォニーホールで聞いたセンチュリ響の演奏会でもテノールは冒頭部分他、聞こえなかった。マーラーはこの曲を振ることができなかったわけだが。近代のオーケストラはホールのこともあり音量が大きくなっていることも一因。ワグナーはオケピットに蓋をして歌手の声が消されるのを防いでいたのもいいアイデアである。この曲に関してこの問題を指摘されていた高関氏の演奏でこの曲を聞いてみたい。
ということでバースタイン/ウイーンフィル。フィッシャーデスカウらをウオークマンで愛聴しております。素晴らしいミキシングです。勿論生も聞きに行きますが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」