2019-07

2019・4・7(日)東京・春・音楽祭 「さまよえるオランダ人」

      東京文化会館大ホール  3時

 「東京春祭ワーグナー・シリーズ」のvol.10。ワーグナーの「さまよえるオランダ人」の演奏会形式上演、今日は2日目。第1幕のみ完結版で演奏され、休憩(30分)が置かれ、第2幕と第3幕は連続版で演奏された。

 おなじみライナー・キュッヒルを客員コンサートマスターに招いたNHK交響楽団を、今回はダーヴィト・アフカムが指揮。
 声楽陣は、ブリン・ターフェル(オランダ人)、リカルダ・メルベート(ゼンタ)、イェンス=エリック・オースボー(ダーラント)、ペーター・ザイフェルト(エリック)、アウラ・ツワロフスカ(マリー)、コスミン・イフリム(舵手)、東京オペラ・シンガーズ、という顔ぶれである。

 スペイン国立管の首席指揮者を務めているアフカムの指揮を聴いたのは多分初めてのような気がするが、なかなか元気のいい演奏をつくる人だ。小気味よい勢いで音楽を進めるけれども、どうやら「矯め」をつくるのが少々苦手のように見える。
 ブリン・ターフェルもやはり老けたなという感で、声を引きずり気味に歌うのが気になったが、どんなに危なくなっても強引に凄まじい馬力で押しまくり、切り抜けてしまうところがさすが大ベテランの貫録というか。
 アイン・アンガーの代役として駆けつけたオースボーも、高音域の音程がやや苦しいものの、低音域はダーラントに相応しい力感だ。

 予想外だったのはゼンタを歌ったメルベート。こんなに音程が不安定な人ではないはずなのだが・・・・。結局、エリック役のザイフェルトがいちばん安定していた。
 それにしてもみんな、見事なほど声量が物凄い。就中ターフェルトとザイフェルトは、オーケストラをも霞ませてしまうような大音声である。

 舞台奥のスクリーンいっぱいに投映されていた今回の映像は中野一幸が担当。びわ湖ホールの「オランダ人」のそれのようには大がかりな動画ではなく、どちらかといえば静止画の範疇に近い動きの映像ではあったものの、音楽と同期して動く部分もあった。
 ラストシーンで、幽霊船が何故か爆発したようになって沈み、天上から海にピンスポ的な光が当たるというのは、それはそれで結構だったが、全体に船も海もジオラマ的な雰囲気になっているのが、オペラの超自然的な内容に対して少々漫画チックになった傾向は否めまい。

コメント

舞台も見たい

有名歌手をずらりと並べるには演奏会形式じゃないとスケジュールが取れないのかもしれませんが、歌手がワンランク落ちても、日本人歌手中心でも良いので、舞台上演の質の高いオペラを制作して音楽祭のプログラムに入れて欲しいです。新国立劇場に刺激を与える意味でもぜひ。

レビューありがとうございます。大変参考になりました。僕もメルベートの音程の悪さが気になりました。聴かせどころのバラードはぐだぐだで、3幕目の後半はそこに絶叫が加わったので聞き辛かったです。新国立のエルザの時から音程がブレるところが(特に高音)苦手でしたが今回はさらに輪をかけてキツかったです。

こういち様のご意見に賛成です。無名でもよいので、元気のいい若手歌手を集めて、みっちりリハーサルを積んで、創意に溢れた舞台上演をやってくれないかと思います(装置や衣装は最小限でいいので)。

東京春祭は結局どのコンサートも行きませんでしたが、価格設定が奇妙です。「リゴレット」の抜粋がSで25200円で、「オランダ人」全曲が22100円とは!? リゴレットは全曲やってくれてもよさそうなモノを...合唱団を削らなければならないほどにムーティのギャラが高いという事なのでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」