2020-04

2007・6・25(月)MMCKオーケストラ

    かずさアカデミアホール・メインロビー  6時

 大友直人とアラン・ギルバートが「創設芸術監督」をつとめる Music Master Course in KAZUSA を初めて訪れる。アクアライン経由で行くと、東京からほぼ1時間で着く。
 今年が第7回。PRの薄さもあって、東京のジャーナリストにも聴衆にもほとんど知られていないアカデミーだ。講師と受講生(今年は27人)には外国人も多い。2週間と少しの開催期間中、東京での室内楽とオーケストラ各1回の演奏会を含む公開演奏会もいくつかやっているという。

 会場は千葉県上総の田園の中にある「かずさ・アカデミー・パーク」のアカデミアホールだ。千葉県も援助して維持されている恐ろしく立派な建物である。近くにはホテルオークラもある。だが、立派なメインホールは音響の悪さで音楽会には使えず、ロビーの仮設ステージを利用しなければならないという制限があり、わずか200人足らずの椅子しかない。
 演奏会の質やロケーションなども含めて考えると、PMFなどと違って街のイヴェントという要素に乏しい。少数の地元の客を吸収するのがせいぜいというのも致し方ないだろう。

 大友はしかし、涙ぐましいほど一所懸命やっている。彼は外国には行かない反面、日本にアカデミー生を招いて日本の音楽界を世界の重要な教育起点にしたいという理想を持っているようである。それにしても今年で7回目とは、よく続いているものだ。サマー・スクールという面では、もっと知られて然るべき存在だろう。

 今日のオーケストラコンサートは、大友の指揮でベートーヴェンの「交響曲第7番」、アラン・ギルバートの指揮でシューマンの「交響曲第1番《春》」。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」