2020-04

2007・7・21(土)パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィル

    横浜みなとみらいホール  7時

 引き続きベートーヴェン・ツィクルス。「エグモント」序曲に「交響曲2番」、真中にイアン・ファンテン(pf)クリスティアン・ポルテーラ(vc)諏訪内晶子をソロに三重協奏曲。
 曲の性格もあって、この日が一番演奏が丁寧であり、音楽が壊れずに済み、バランスが良かったと思われる。アンコールには前夜と同様「悲しきワルツ」、最後にもう1曲「1番」のフィナーレ。ガシャガシャでも速いテンポで威勢よくやればお客は喜ぶらしい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」