FC2ブログ

2018-08

2018・7・13(金)飯守泰次郎指揮東京シティ・フィル

    東京オペラシティ コンサートホール  7時

 錦糸町のトリフォニーホールから、西新宿の東京オペラシティへ移動。猛暑のためか、今日は道路があちこち渋滞状態で、door to doorで1時間近くを要した。

 先ほど聴いた新日本フィルの演奏会では、ブルッフとブルックナー。そしてこのシティ・フィルの演奏会では、ブラームスとブルックナー。奇しくも独墺3大BRの激突、というわけか?

 で、こちら東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の定期は、桂冠名誉指揮者・飯守泰次郎の指揮で、最初にブラームスの「ネーニェ(悲歌)」、後半にブルックナーの「ミサ曲第3番」。協演の合唱は東京シティ・フィル・コーア(合唱指揮は藤丸崇浩)。「ミサ曲」での声楽ソリストとは、橋爪ゆか、増田弥生、与儀巧、清水那由太。コンサートマスターは荒井英治。

 ブラームスの「悲歌」は、以前は「哀悼の歌」という邦訳で馴染んで来たものだが、いつからこういう表記になったのかは知らない。
 ともあれ長大なブルックナーの「ミサ曲」の演奏に先立つ小品として、オーケストラ曲ではなくこの合唱を選んだのは、ブルックナーとブラームスとの対比や関連性を描くという目的の他に、2001年に飯守が提唱し設立した楽団専属合唱団━━東京シティ・フィル・コーアに活躍の場を与えようという狙いもあったのだろう。そして、東京シティ・フィル・コーアは、見事にその責任を果たした。その健闘ぶりには賛辞を捧げたい。

 特に「ミサ曲」では、一部のメンバーは譜面を見ながら歌っていたが、大半は暗譜で歌っていた。どれほど練習を重ねたかが窺い知れるというものである。
 今日はこの合唱団がすっかり主役となっていた趣だった。が、母体の東京シティ・フィルもすこぶる充実度の髙い演奏を繰り広げてくれたことは、改めて言うまでもない。

 そして何よりも、飯守泰次郎の滋味豊かな、起伏の大きい、揺るぎない緊張感を持続させた指揮は、最大の称賛に値するだろう。
 彼は東京シティ・フィルとのブルックナーの交響曲ツィクルスを、2年前の7月に完結させており、今回の「ミサ曲第3番」はその続篇というか、番外篇ともいうべきものであろう。それはまさに予想を遥かに上回る見事な演奏だった。そのスケールの大きさと情熱の豊かさにおいては、交響曲(複数)での演奏をも凌ぐものだったかもしれない。

 今日は結構な客の入り。シティ・フィルの定期も、いつもこのくらい入れば・・・・。

コメント

飯守泰次郎

お疲れさまです。
人生変えてくれるような演奏家に出会わなくなって久しいが、ここでは、人生はともかく、天国の一部分は垣間見た。
近衛秀麿に匹敵するだろう。
あとは、カール・ベームに言われたという「モーツァルトも、ちゃんとやらなきゃダメだよ。」を、お願いしたい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/3001-90f994db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」