2020-04

9・29(月)ハーゲン弦楽四重奏団

  浜離宮朝日ホール

 ハイドンの「五度」、ドビュッシーの「ト短調」、ベートーヴェンの「Op.135」。アンコールとして翌日演奏予定のプログラムから、ラヴェルの「ヘ長調」とドヴォルジャークの「第14番」より楽章一つずつ。

 昔は、上手くてエネルギーはあるけれども何か心に迫るものがいま一つ、と感じさせたこのカルテットだったが、最近は随分味が出てきた。アンサンブルを含む演奏スタイルにも、以前に比べ、良くも悪くも自由さが加わったようである。「Op.135」など、1990年の録音と比べて演奏の骨格はほとんど変わっていないにもかかわらず、はるかに温かさを感じさせるようになっている。

 それにしても、ドビュッシーがこんなにすばらしい演奏になるとは予想しなかった――特にフィナーレの昂揚と緊迫感。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/300-bc5acb5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」