2018-10

2018・5・29(火)ロイヤル・オペラ・ハウスのシネマシーズン
ロイヤル・バレエ「バーンスタイン・センテナリー」

    東宝東和試写室  6時

 レナード・バーンスタインの生誕100年を記念する公演の一つ、彼の演奏会用作品3曲をバレエに仕立てたトリプルビルで、去る3月27日の上演ライヴ映像。

 最初にウェイン・マクレガー振付、クン・ケセルス指揮で、「チチェスター詩篇」をもとにした「幽玄YUGEN」、
 次にリアム・スカーレット振付、バリー・ワーズワースの指揮とロバート・クラークのピアノで「交響曲第2番《不安の時代》」、
 最後にクリストファー・ウィールドン振付、ケン・ケセルス指揮、セルゲイ・レヴィティンのヴァイオリン・ソロで、「セレナード」の音楽による「コリュバンテスの遊戯」。

 特定のストーリーを新しく当て嵌めた「幽玄」、オーデンの原作からエピソードを抜粋構成して振り付けた「不安の時代」、ストーリーなしの抽象的なバレエによる「コリュバンテスの遊戯」━━いずれも見応え、聴き応えのあるバレエだ。
 上映時間約3時間、6月8日~14日一般上映の由。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/2969-2c95e253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、当時の日記を修正せずにアップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」