2020-04

9・20(土)尾高忠明、「札響音楽監督は辞めぬ」と明言


 正午から札幌コンサートホールの一室で、尾高忠明が札幌や東京のジャーナリストたちを招いての「記者懇談会」。
 趣旨は、「新国立劇場の音楽部門芸術監督就任決定により、尾高は2010年で札響を辞めるのだろう、という噂が勝手に一人歩きしているため、それをきっぱり打ち消そうというのが目的」とのこと。
 しかし、昨夜の演奏に感激しまくっている英国ブリテン・ピアーズ財団ジェネラル・ディレクターのリチャード・ジャーマンが「オレも一つジャーナリストたちに話を」と列席して来たため、話は途中から「ピーター・グライムズ」の方に飛んでしまった。

 札幌は、今度の台風13号とは無縁の、快晴で爽快な大気。だが、飛行機はどの便も満席に次ぐ満席。空港は雑踏するやら、発着は遅れるやら。
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/293-c28fbe8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年8月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」