2017-08

2017・8・6(日)ザルツブルク音楽祭(4)ネルソンス指揮ウィーン・フィル

       ザルツブルク祝祭大劇場  11時

 アンドリス・ネルソンスが、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮。プロコフィエフの「ピアノ協奏曲第2番」(ソロはダニール・トリフォノフ)と、ショスタコーヴィチの「交響曲第7番《レニングラード》」を演奏した。

 この2年ばかり、昼のウィーン・フィル・シリーズを選ぶと、不思議にムーティの指揮ばかりに当たっていたが、今回はちょっと珍しい組み合わせとなった。ネルソンスが振るのは、別に珍しくはないけれども、ショスタコーヴィチの「7番」をこのザルツブルクで聴くというのが、そもそも稀有のことだろう。

 だが、1階中央の7列という席は、いかにもステージに近すぎて、この大編成で怒号する演奏の全貌を把握するには難がある。もっと離れた席から、バンダを含めた全管弦楽の溶け合った響きを聴き、ホール全体を鳴動させるスリリングな全音圧に浸りたいところではあったが、残念ながら各パートの生々しい動きが眼前に展開し、個々の楽器の音圧がこちらに飛んで来るだけのような状態にとどまった━━その代わり、叙情的な部分では、ウィーン・フィルの弦の瑞々しい歌が、直接の手触りのような雰囲気で、存分に楽しめたが。

 前夜の「ムツェンスク郡のマクベス夫人」の演奏でもそうだったけれど、ウィーン・フィルがショスタコーヴィチの交響曲を演奏すると、日本を含む何処の国のオーケストラとも異なる、一種の温かい豊麗さを感じさせる。
 ましてロシアのオーケストラが噴出させるような、あのピンと張り詰めた厳しさや攻撃的な鋭さ、威圧的な重量感などとは大違い。それが面白くもあり、時には物足りなさをも感じさせるところだろう。

 第1楽章での「戦争の主題」の頂点はさすがにウィーン・フィルの威力を感じさせたが、第4楽章最後の昂揚は意外にあっさりしたものだった。
 ネルソンスは入魂の指揮で、下手側奥に位置するバンダを含めた金管群の音量を、あくまで弦や木管とのバランスを重視しながら響かせ、刺激的な咆哮までには至らせることなく、調和のうちに、この壮大な交響曲の演奏を完成させたのである。

 プロコフィエフの協奏曲の方は、若いトリフォノフの元気のいい演奏にもかかわらず、何となく前座の雰囲気を免れなかったのは、客席の雰囲気の所為か。特に前方客席の。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/2764-9bd1edda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」