2017-11

2017・6・24(土)シモーネ・ヤング指揮読売日本交響楽団

       東京芸術劇場コンサートホール  6時

 シモーネ・ヤングの指揮は、CDで聴くよりも、ナマで聴く方が生き生きとして感じられる。ハンブルクで聴いた彼女の「指環」など、どれも引き締まった演奏だった。
 ただ、彼女が日本に来て指揮したいくつかのオペラやコンサートは、日本のオーケストラとの相性の問題も関係しているのか、ハンブルクでの演奏に比べ、何かちょっと中途半端なところがあって、もどかしい思いをして来たものである。

 だが、今回の読響との協演は、うまく行った部類だろう。彼女の歯切れのいい、エネルギッシュな音楽が、もともと馬力豊富な読響と程良くマッチして、すこぶる熱気に富んだ、胸のすくような勢いの演奏が生まれていた。

 今日のプログラムは、プロコフィエフの「ピアノ協奏曲第3番」(ソロはウズベキスタン出身のベフゾド・アブドゥライモフ)と、R・シュトラウスの「アルプス交響曲」である。コンサートマスターは長原幸太。

 協奏曲でも、彼女の「持って行き方」は巧い。盛り上がったピアノ・ソロを包み込むようにしながら、更にオーケストラの音量をぐーんと上げて高揚させて行くあたり、見事なものだ。
 第3楽章では、あの「越後獅子」を基にした主題を、アブドゥライモフのソロともども愉し気に躍動させつつ、オーケストラを最後のクライマックスに向けて滔々と豪快に押して行く。ラザレフのような野性的で荒々しい演奏ではなく、咆哮の中にも均衡を失わず━━と言ったらいいか、凄まじいエネルギー感が満ちあふれる音楽づくりだ。
 ピアノも激しい盛り上がりを聴かせて、一気に曲を結んで行った。

 「アルプス交響曲」の方も、前半の登山の場面でのテンポは、かなり速い。さまざまなエピソードをじっくりと描き出すという手法でなく、大きな流れとして場面をスピーディに切り替えて行く、というスタイルの演奏だ。
 この「登山者」は、足腰の滅法強い男らしく、岩も崖も楽々と踏み越え、疾風のごとく頂上目指して登って行く。「平家物語」の悪僧・祐慶さながら、「さしもさがしき東坂、平地を行くが如き也」といったところか。

 だが、頂上での感動と歓喜の場面は実にたっぷりとして雄大だし、「嵐の中の下山」も読響のパワーが本領を発揮してなかなか凄まじい。終結近く、夕陽に燦然と輝く山の光景と、日没から夜にかけての描写はテンポを落してじっくりと壮大に描く。
 かように通して聴いて来ると、ヤングの演奏の組み立て方は、本当に巧いな、と感心する。ハンブルク・オペラのGMD(音楽総監督)として10年のキャリアを誇った彼女ならではの手腕であろう。読響も壮烈な演奏を聴かせて、これまた好調である。
     別稿 音楽の友8月号 Concert Reviews

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/2735-8e5b5f88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」