2017-06

2017・6・3(土)山田和樹&日本フィル マーラー・ツィクルス第8回

     Bunkamuraオーチャードホール  5時

 「第8番《千人の交響曲》」。
 協演は栗友会合唱団、武蔵野合唱団、東京少年少女合唱隊、声楽ソリストは林正子、田崎尚美、小林沙羅、清水華澄、高橋華子、西村悟、小森輝彦、妻屋秀和。コンサートマスターは扇谷泰朋。

 「8番」は、以前にも書いたけれども、私にはマーラーの交響曲の中では最も苦手な作品なのである。それは、第1部の絶え間ない絶叫調の楽想のせいなのだが。
 この声楽パートとオーケストラの大音響を、耳を聾する音の連続でなく、豊麗な音色と起伏感で構築して行くことができた演奏には、なかなか出くわさない。もちろん、ホールと、その聴く席の位置にもよるだろうが━━。先日の京都コンサートホールでの広上淳一と京都市響の演奏は、その点では実に均整が取れていたという気がする。特に声楽とオーケストラのバランスの点で、それは極めて優れたものだった。

 今日の演奏では、初日ということもあってか、合唱もソリストたちもかなり勢い込んで歌っていたような感がある。特に合唱は最初のうち強声が硬質で、少々たじろがされた。
 だが、第2部になれば、曲想も大きく変わり、絶叫一辺倒ではなく、起伏も豊かになる。したがって、演奏の細部も見えて来る。そしてこの第2部の、特に中盤以降、浄化されたような世界をオーケストラが柔らかく描き出すあたりからの演奏は、はっとさせられるほど美しかった。山田和樹と日本フィルの最も良い面が、ここで鮮やかに発揮されたと言っていいだろう。

 大詰は、上手側と下手側の前方バルコニー席に配置された金管バンダを加えての大歓呼である。山田も指揮棒を客席にすっ飛ばしての熱演であり━━飛ばしたところは見ていなかったが、拾ったお客さんがカーテンコールの際にマエストロへ返していた光景を見て、それと気がついた━━かたや日本フィルのほうも、総力を挙げての演奏だった。ここはもう、全員がなりふり構わず熱狂の演奏をしていた、といっていいかもしれない。

 このラストシーンにおける今日の演奏が、しかし、前述の広上と京響、あるいは先年のミューザ川崎でノットと東京響がつくり出したような完璧な音のバランスによる陶酔的なハーモニーという域には達していなかったのは事実だ。が、これは、ホールの構造的制約から来るバンダの位置などのせいで、仕方がない。

 総じて山田和樹の指揮するこの「千人の交響曲」の演奏は、宏大無辺な世界への祈りとか呼びかけといったものよりは、健康な若者の青春の讃歌ともいうべきイメージを感じさせる。それは30年前の、小澤征爾と新日本フィルの演奏に、ある面で共通するところがあるだろう。

 ソリスト歌手陣がみんな快調で、特に若い世代が活躍していたことは嬉しい。第2部では、女声陣はみんな音楽に没入し、陶酔感を以って歌っていたように見えた。もっとも、沸き立ち轟く大音響の中に埋没しないようにと必死で歌っているような雰囲気もないとはいえなかったが・・・・。
 一方、これまでは福井敬で聴き慣れたテノールのパートを、西村悟が若々しい声で歌っていたのも、新世代の抬頭を見るようで頼もしいことであった。

 今シリーズで、マーラーの作品に先立って演奏されている武満徹の作品は、今日は「スター・アイル」(星・島)。
 この「星」と、「宇宙が鳴り響くような」(作曲者の表現)の「8番」とを関連させたアイディアも面白いが、それよりも前述の健康な青年の讃歌ともいうべき山田のマーラーと、武満がこの曲に籠めた「巣立ち行く若者の希望」に寄せたイメージとの共通性も興味深いだろう。
    別稿 モーストリー・クラシック8月号 公演Reviews

コメント

ブログを拝読して

日本フィルの首席客演指揮者だったイルジー・ビエロフラーヴェクさんが、5月31日に亡くなりました。日本フィルの渾身の熱演はビエロフラーヴェクさんに届いていたのではないでしょうか。ご冥福をお祈りします。

西村悟さん、先生のブログにも最近よく出てくるお名前で、
概ね評価もいいようですね。
今後注目してみたいと思いました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/2721-1cdbe68a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」