2017-08

2017・5・16(火)マーティン・ブラビンズ指揮東京都交響楽団

      東京オペラシティ コンサートホール  7時

 英国の指揮者マーティン・ブラビンズが客演指揮する今月の都響定期公演は、いずれも英国の作品によるプログラムで固めている。
 今日は、ジョージ・バターワースの「青柳の堤」、マイケル・ティペットの「ピアノ協奏曲」(日本初演、ソロはスティーヴン・オズボーン)、レイフ・ヴォーン・ウィリアムズの「ロンドン交響曲」。
 コンサートマスターは山本友重。

 実に格好いい選曲だ。メイン・プロに置いた「ロンドン交響曲」に対し、その作曲をヴォーン・ウィリアムズに勧めた当人バターワースの小品を冒頭に配して対と為し、その2曲の間に現代作曲家ティペットのピアノ協奏曲を挟む、という凝ったプログラミング。

 第1次大戦で戦死したバターワースの「青柳の堤」は、実に美しい。作曲者を知らずに聴いたら、ヴォーン・ウィリアムズの作品か?と思ってしまうかもしれない。等松春夫さんのプログラム解説によれば、バターワースはイングランド民謡のイディオムを作曲に活かすことに熱心だったとのことで、曲を聴くとなるほど確かに、と思わせる性格を持っている。こういう曲で「英国プログラム」の幕を揚げるところなど、なかなか洒落ているだろう。
 ただ、次のティペットのコンチェルトは━━オズボーンの魅力的な演奏ではあるものの━━申し訳ないことに私がこの作曲家を些か苦手としているので、聴かせてもらったことには感謝するけれど、気分的には甚だ荷が重かった。すみません。

 ヴォーン・ウィリアムズのほうは、彼の交響曲をどこかツィクルスでやってくれるオケはないものか、と以前このブログに書いたこともある。それを読んだあるオーケストラの事務局からは、「どれだけチケットが売れると思うんだ」と冷笑されたが━━今月のブラビンズ&都響には、「ロンドン交響曲」と「南極交響曲」の二つも入っているとは珍しい。

 今日の「第2交響曲《ロンドン交響曲》」の演奏は、「1920年版(改訂第2版━━通算4番目の稿といわれる)」を使用のこと。好きだと言っても私はこの楽譜については不勉強で、そこまで詳細にこの曲の版を聴き比べたことがないため、現行版(通算6番目の稿)とどのくらい差異があるのかは熟知していない。だがとにかく、彼の交響曲の中でも一風変わった、面白い曲であることは事実だ。

 特に第1楽章など、あの有名なビッグ・ベンの鐘のフシをはじめ、物売りの声、俗謡、民謡などが入り混じって街の騒音のような様相を呈し、かのマーラーの「第3交響曲」第1楽章の「ポリフォニー状態」(マーラーの表現による)を凌ぐ賑やかさを響かせる。まあ、もしこれを東京に喩えれば、さしずめ「東京音頭」に「銀座カンカン娘」に、築地の魚のせり声に「都の西北」に・・・・といった具合だろう。ただ、作曲者自身も言っているように、これが描写音楽ではないことだけは確かである。
 その他、叙情的な楽章も含め、いい演奏だった。
 21日の第7番「南極交響曲」が、都合で聴けないのが残念だ。

※たまたま今月は、藤岡幸夫と関西フィルが明日(17日)の定期で「5番」を取り上げている。こういう企画は、不思議にかち合うものである。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/2705-ee10d42b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」