2017-06

2017・1・9(月)佐々木典子&大澤一彰デュオ・リサイタル

     東京文化会館小ホール  2時

 佐々木典子(ソプラノ)と大澤一彰(テノール)の華やかなコンサート。
 ヴェルディ、プッチーニ、ベルリーニ、グノー、ワーグナー、コルンゴルト、レハールなどのオペラのアリアから二重唱、滝廉太郎、武満徹ら日本の歌曲にいたるまで、実に大量多彩なプログラミングで構成されていた。ピアノは仲田淳也。

 所用のため演奏会の前半しか聴けなかったけれど、ふくよかで温かいヒューマンな佐々木典子と、高音域を小気味よく爽やかに響かせる大澤一彰の明るい歌唱が映えて、ぎっしりと満席のホールはオペラ歌手のコンサートらしく盛り上がりをみせていた。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/2619-15988305
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」