2017-11

2016・4・13(水)東京・春・音楽祭 コニエチュニーのリサイタル

     東京文化会館小ホール  7時

 「東京春祭 歌曲シリーズ」の一環で、今回の「ニーベルングの指環」でアルベリヒを歌っている性格派バス・バリトン、トマシュ・コニエチュニー(ポーランド出身)のリサイタル。レフ・ナピェラワ(同)のピアノとの協演である。

 プログラムは、前半がラフマニノフの作品で、「ロマンス」集から10曲と、オペラ「アレコ」から「カヴァティーナ」。後半ではR・シュトラウスの歌曲12曲と、「ダナエの愛」から「マヤの物語」が歌われたが、最後には突然ワーグナーの「さまよえるオランダ人」から「オランダ人のモノローグ」が置かれるという選曲だ。そしてアンコールにも、何とワーグナーの「ヴァルキューレ」からの「ヴォータンの告別」が出た。

 どちらかというと粗削りな歌い方で、高音域など強引に片づけるところもあるのだが、とにかく悪役を演じては当代指折りの人だから、ドラマティックな気魄には事欠かない。結局、歌曲よりもやはり、オペラの曲の方に彼の真骨頂が顕われていたのではないか。
 それにしても、彼のような馬力のある歌手にとっては、このホールは小さすぎ、そしてよく響きすぎた・・・・声がビンビン響いて木魂して、細部の明晰さを失わせるきらいもあった。

コメント

春の祭のワーグナーのついでとはいえ、歌曲シリーズを担ってもらうなら人選はもっと慎重にしてほしい。あの内容なら単に「リサイタル」、もしくは「オペラアリアの夕べ」の方が相応しかったと思う。お互いの幸せのためにも。

1曲目から飛び出してきたパワープレイにより、舞台上の彼と客席の私とでは「歌曲」の定義が随分と異なっているらしいとすぐに気付いたものの、頭を切り替えるまでにかなりの努力を要しました。この公演の購入動機はジークフリートでのアルベリヒでしたが、オペラ≠歌曲を見抜けなかった自分のミス。まだまだ修行が足りないと反省中。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/2411-1aaa4425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」