2017-04

2015・12・17(木)ミカラ・ペトリ リコーダー・リサイタル

     Hakuju Hall  7時

 デンマーク出身の名リコーダー奏者、ミカラ・ペトリの演奏をナマで聴いたのは、本当に久しぶりだ。かつては初々しい美女という雰囲気だった彼女も、今や落ち着いた感じの、気品のある奥様である。美しく齢を取った人━━というのは、彼女のような人を謂うのだろう。

 何よりそのリコーダーが紡ぎ出す演奏の、美しく温かく、聴き手の心を包んでしまう素晴らしさと来たら! 
 Hakuju Hallの最後列の、リクライニングのできる椅子にすっぽりと身体を埋め、彼女の演奏を聴いていると、何だか天国的な、身も心も溶けてしまうような、形容しがたい陶酔感に包まれてしまう。今年、これだけ気持のいい状態に引き込まれてしまった演奏会は、他になかった。

 協演のチェンバロは名手・西山まりえ。何となくいつもの彼女と雰囲気が違い、おしとやかで畏まった雰囲気のステージ姿に見えたけれども、ペトリに合わせて、いい演奏を聴かせてくれた。

 プログラムは多岐にわたっていたが、2人が一緒に演奏したのは、J・S・バッハの「ト短調BWV.1034」、テレマンの「音楽の練習帳」からの「ハ長調」、タルティーニの「悪魔のトリル」、ジェイコブの「ソナチネ」、コレッリの「ラ・フォリア」、ヴィヴァルディの「ハ長調RV,443」。
 ペトリのソロではボロプ=ヨアンセンの「鳥のコンサートOp.91-2」、西山のソロではスカルラッティの「トッカータ イ短調」とバッハの「イタリア協奏曲」。
 アンコールでは「グリーンスリーヴス」などで西山が得意のヒストリカル・ハープを持ち出して協演するという愉しいひと時もあった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/2335-c9781892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」