2017-06

2015・9・18(金)新日本フィル「新・クラシックへの扉」第49回

      すみだトリフォニーホール  2時

 マチネーで行われている「名曲コンサート」。コンサートマスターは崔文洙。
 前半に堀米ゆず子をソリストに迎えてのシベリウスの「ヴァイオリン協奏曲」を、後半にバーバーの「弦楽のためのアダージョ」とブリテンの「シンフォニア・ダ・レクイエム」を置き、アンコールにはヴォ―ン・ウィリアムズの「グリーンスリーヴズの幻想曲」を演奏するというプログラム。

 名曲コンサートでありながらも、ふだんあまり聴く機会のない曲をチラリと入れるあたり、企画のスパイスが感じられる。お客さんがよく入っているのは祝着のきわみ。
 指揮は、先日のバルトーク定期と同様、デリック・イノウエ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/2252-8a0e679c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」