2017-11

2015・7・13(月)野田秀樹作「障子の国のティンカーベル」

    東京芸術劇場シアターウエスト  7時

 これは演劇。野田秀樹の作、マルチェロ・マーニの演出、毬谷友子の一人芝居。95分ほどの長さを持つ。
 ティンカーベルとは、もちろんあの「ピーター・パン」に登場する小妖精だが、ここでは彼女が主人公。日本で繰り広げられる彼女とピーター・パンとの愛と確執のものがたり━━とでもいったお話である。90分間絶叫しっ放しという毬谷も凄いが、パフォーマーとして助演している野口卓磨の演技もなかなか良い。
 東京芸術劇場開館25周年記念の「芸劇フェスティバル」の一環。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/2209-b7e06b3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」