2017-08

2015・6・18(木)東京芸術劇場ナイトタイム・パイプオルガンコンサート

     東京芸術劇場コンサートホール  7時30分

 東京芸術劇場が主催する大ホールでのパイプオルガンのコンサート。「ナイトタイム」はこれが第10回の由。

 今夜はアメリカのオルガニストで、立教大学文学部キリスト教学科教授や同大学教会音楽研究所長なども務めるスコット・ショウが、モダンタイプオルガンを弾く。
 ウィリアム・ラッセル、ウィリアム・ヘンリー・ハリス、ジョージ・ダイソン、トマス・ターシャス・ノーブル、パーシー・ウィットロック、ヘンリー・コールマンなどの作品が演奏され、宗教曲では立教学院諸聖徒礼拝堂聖歌隊も参加して、綺麗な合唱をオルガンとともに聴かせてくれた。

 ちょうど1時間のプログラム、いい雰囲気である。照明演出も加えられている。曲名が舞台に字幕のように投映され、歌詞の対訳も配布されるという具合で、すこぶる丁寧な、良心的なコンサートだ。
 私はこのシリーズは初めて聴きに来たのだが、随分お客さんが多く━━もちろん大ホールだから、それなりに、ではあるけれども━━入っているのには感心した。固定客のファンも非常に多いようである。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/2191-c3936ea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」