2017-08

2015・6・16(火)「蜜柑とユウウツ」

     東京芸術劇場シアターイースト  2時

 これは演劇。
 「グループる・ばる」による第22回公演で、「茨木のり子異聞」という副題がある。長田育恵作、マキノノゾミ演出。松金よね子、小林隆、岡本麗、田岡美也子、木野花、野添義弘、岡田達也の出演。

 主人公は、実在の詩人で、同人誌「櫂」の創刊にも携わった茨木のり子(1926~2006)だが、彼女自身は登場するような、しないような・・・・彼女の幽霊ともつかぬ、象徴的再現分身ともつかぬ、ノリコ・紀子・典子という不思議な3人の女性がのり子に代わって出て来る。「若い時代の谷川俊太郎」も登場する。
 舞台(演出)については、あまり私の好みではなかったので省く。松金よね子と小林隆が、おなじみのいい味を出していた。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/2187-4ca71d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」