2017-06

2015・5・9(土)阪哲朗指揮日本フィルハーモニー交響楽団

   横浜みなとみらいホール  6時

 日本フィルの横浜定期。
 ドイツのレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督を務める阪哲朗が客演、シューマンの「交響曲第1番《春》」とブラームスの「交響曲第3番」を指揮した。彼の指揮を聴いたのは、1月の東京フィルとの演奏以来だが、今回はあの時よりずっとまとまりの良い出来だったと思う。

 2階上手側バルコン席RCで聴いた印象によれば━━私はこのホールのこの席で聴いたのは初めてなのだが━━コントラバス群の正面という位置のせいもあってか、低音域がよく響き、音楽の重心が低く、安定した音の構築をもった演奏に感じられた。
 といって、重々しい響きというのとは違う。低音はしっかりしているが、響きはむしろ柔らかく、どちらかといえば軽い。高音域の弦楽器群も落ち着いた音色を出していた。

 要するにそれは、ドイツのオーケストラの━━それも未だあまり機能的なものに毒されていない、良き時代の伝統を今に残す、素朴な真摯さを感じさせるローカル・オーケストラが聴かせるそれと共通した響き━━とでも言ったらいいか。阪哲朗もドイツのオーケストラを指揮し慣れている人になっているのだな、ということは以前にも書いたような気がするが、今夜のこのシューマンとブラームスの交響曲での指揮を聴いて、いっそうその感を強くした次第だ。

 日本フィルも、そうした彼の指揮によく反応し、渋く落ち着いた、しかも躍動的な演奏を聴かせてくれた。前日の杉並公会堂のコンサートではアンサンブルに些か問題があったという話を知人から聞いていたけれども、今日の演奏では、それは解決されていたように思われる。今日聴いた席が、オーケストラに近い、細部まで聞き取れる位置だったから、まず間違いはないだろう。とにかく、一見地味な演奏に聞こえるけれども、中味は手堅く、充分なものがあった。

 アンコールには、シューマンの「トロイメライ」が演奏された。この曲、日本フィルは以前にもこの横浜で、別の指揮者により演奏したことがあったのでは? その時より今日はずっと息づきの良い演奏だった。コンサートマスターは千葉清加。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/2151-a3a48809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」