2019-08

5・17(土)小澤征爾指揮新日本フィルハーモニー交響楽団

  すみだトリフォニーホール
 
 「小澤の悲愴」は、これまでにも何度か聴いてきた。今日の演奏を聴くと、流石に彼の「定番」にふさわしく、既に一つの完成品に近い形を整えているのではないかという気がする。

 たとえば、全曲をバランスよく構築するその設計の巧みさだ。テンポの設定も、フェルマータ付休止の「間」の取り方もきわめて自然なのだ。楽曲全体のバランスを失わせぬスムースな流れは、ここから生まれるのだろう。第3楽章後半のクライマックスへ盛り上げる呼吸、特にコーダで白熱的なエネルギーを爆発させて追い込んでいく呼吸もひときわ目覚しい。もともとこのような「もって行き方の巧さ」は、チャイコフスキーの音楽自体に備わっている特徴の一つなのだが、小澤は忠実にスコアを再現することによって、作曲者本来の感性を引き出してみせる。

 音量的な山場はもちろんこの第3楽章にあるが、しかしチャイコフスキーの意図した本当の頂点は第4楽章にあり、小澤もそこに全曲のクライマックスを設定している。この第4楽章アンダンテの第2主題部分では、以前の演奏よりもやや速めのテンポを採り、激しい感情の動きを吐露させ、慟哭の歌をつくり上げる。第1楽章序奏での低弦の音色はとりわけ美しかったが、第4楽章の最後ではまさにそれと同じ音色を再現させ、かくして深淵から立ち現われてきたこの交響曲が再び深淵の奥深く沈んで行くというイメージを聴き手に強く印象づけるのである。こういう設計が、小澤は実に巧くなった。
 この演奏には、いわゆる悲劇的なイメージは無い。それゆえ、この曲のロシア語のタイトル「パテティーク」(感情豊かな)にふさわしい性格の演奏と言えるだろう。

 プログラムの前半には、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第3番」が演奏された。ソロは上原彩子。もともとロシアのレパートリーに強い共感をもち、現実に実績を重ねてきた彼女だが、この曲は成功した例の一つであろう。以前には感じられなかったような堂々たる自信と風格、強い意志力のようなものが演奏にあふれていて、あの小柄な体のどこからこのようなパワーが生まれるのかと驚くほど、豪快で白熱した音楽をつくっていた。小澤が例のごとく綿密に合わせて行き、全曲の大詰めでもゲルギエフやラトルのそれに劣らぬ見事な「決め」を聴かせたのであった。

 この日、小澤は、腰椎間板ヘルニアのため、脂汗を流しながらの指揮だったという。だが客席で聴く者には、演奏に常ならぬ鬼気が感じられたことを除けば、病気のこと微塵も悟らせない指揮ぶりだった。翌日以降の演奏会出演は、すべてキャンセルされた。回復を切に祈りたい。

  東京新聞演奏会評
  音楽の友7月号演奏会評

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/207-a1fcdecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」