2017-10

9・14(日)ヒリヤード・アンサンブル最後の来日~武生国際音楽祭

     越前市文化センター  午前11時

 あの素晴らしい男声クァルテット、ヒリヤード・アンサンブルが、今年末で解散してしまう。
 今回は最後の訪日で、東京での演奏会は即時完売、武生では9日に行われた「ヒリヤード・アンサンブル・ソングブック」演奏会および今日のステージ、残るは広島1回のみ━━というツアーだ。
 今日は「ヒリヤード・アンサンブル ワークショップコンサート」と題されていたので、彼らとアカデミー生かだれかとの合同コンサートかと思っていたが、結局彼らの歌だけの演奏会になっていた。

 プログラムでは、フェデリコ・ガルデッラ(今回も招待作曲家として来ている)の「無名の動物寓話集によるミニアチュール」(世界初演)、星谷丈生の「4声のための《枯蓮》」、金井勇の「Something there」(世界初演)と予告されていたが、最後のものは「彼らの声に合わない」と判断されたため(音楽祭の音楽監督・細川俊夫の挨拶と説明による)演奏されず、代わりに細川俊夫の「3つの日本民謡」(今年1月、シドニー・フェスティヴァルでヒリヤード・アンサンブルにより世界初演)が歌われた。

 最初の2曲は、大ヒットした「オフィチウム」や、アルヴォ・ペルトのような息の長いフレーズを持った曲ではないので、いわゆる「ヒリヤードぶし」は最後の細川作品で味わえたというわけだが、無限の空間に拡がるような彼ら特有のハーモニーの美しさは、どの曲でも堪能できた。音のピッチをほんの少しずらせて和声をつくるあの巧さは、相変わらず見事なものである。
 わずか50分程度のコンサートだったが、これがヒリヤード・アンサンブルをナマで聴く最後のステージだと思えば、感無量でもあった。

 彼らの神秘的な、囁くような美しいハーモニーが拡がっているさなかに、最前列に座っていた1人の中年男が、いきなり立ち上がって下手側客席を横切り、出て行った。演奏中に出て行くこと自体が礼儀知らずだとみんな呆れたが、なんとその男は、少し経ってからまた演奏中に、今度は花束を持って足音を立てながら入って来て、再び最前列まで行って座り、がさがさ紙の音をさせていたのである。演奏後に花束を渡すのかと思ったが、そうでもなし。結局何だか判らず。
 終演後に、客席にいた細川さんが血相を変え、怒りの表情でその男に詰め寄っていたが、男はなにごとか大声で悪態をついて、花束を持ったまま帰って行った。とにかく、大変な奴がいるものである。

 この音楽祭は今年が第25回。その中で行われる「武生国際作曲ワークショップ」は第14回、「武生国際夏期アカデミー」は第10回になる。9月7日に始まり、今日14日が最終日である。
 パンフレットによれば、伊藤恵をプロデューサーとする「メイン・コンサート」は、1日1~3回行われた。一方「作曲ワークショップ」は、細川俊夫、イザベル・ムンドリー、伊藤弘之、望月京らを講師に、その他招待作曲家を多数揃え、38人(名簿上)の受講生を相手に行われたという。さすが、作曲家・細川俊夫率いる音楽祭だけのことはある。
 その他アカデミーとして、フルート、クラリネット、尺八、ピアノの各コースのレッスンがあり、こちらの方は、受講生は計9人程度の規模だったという。

 正午前に終演になってしまったので、夕方のコンサートまで時間をつぶさなくてはならなかったが、ホールのレストランは休み、ホールの傍にはラーメン店とうどん店が1軒ずつある程度で、これではどうしようもない。主催者や受付嬢たち(ヴォランティアか?)に訊いても「さあ、このへんは・・・・」と言うだけで、何も教えてくれない。
 仕方なくタクシーを呼び、運転手氏に「どこか適当な場所へ」と頼んだら、考えながらかなり走り、ある店へ「ここで食事をしてから、道の反対側の喫茶店で時間をつぶせばよろしかろう」と親切に案内してくれた。その「喫茶店」なるものは、北陸道武生インターに近い「SANMARINO」というカフェ&レストランで、店内には大きなガラス窓のケージがあり、中に可愛い小鳥が多数飛び回っていることでも知られているそうだ。気が癒される。
 武生は快晴で爽やかで、快い。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/2000-c2a7ebc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」