2020-04

11・5(火)パーヴォ・ヤルヴィ指揮パリ管弦楽団

   サントリーホール  7時

 こちらのプログラムは、シベリウスの「カレリア」組曲、リストの「ピアノ協奏曲第2番」(ソロは昨日同様ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ)、サン=サーンスの「交響曲第3番」というもの。

 「カレリア」組曲の第1曲(間奏曲)がこれほど遅いテンポで物々しく、かつ重々しく演奏された例を私は知らない。手持ちのブライトコップ版スコアには「モデラート(中庸のテンポで)としか書いてないし、ヴァンスカの指揮したオリジナル版でもモデラートのテンポだから、今回のはパーヴォの独特の解釈なのだろう。4本のホルンたちは、少々辛そうだった。

 リストの「2番」は、実は私は「第1番」と同様、嫌いな曲なのだが、今回はヌーブルジェの、所謂名人芸をひけらかすような歪んだ恣意が全くないストレートなアプローチと、透明で明徹で爽やかな音色、切り裂くような鋭い感性に富んだ演奏が素晴らしかった上に、パーヴォとパリ管が嵐のような激しさでソロ・ピアノと拮抗する迫力もあって、これまでにないほど面白く聴けた。こういう演奏で聴ければこの曲も悪くはないなと思ったが、さりとて、これでこの曲がいっぺんに好きになったというわけでもない。

 ヌーブルジェはそのあと、ソロでラヴェルの「クープランの墓」からの「メヌエット」を弾いた。この曲は好きだし、実に美しかったが、アンコールとしてはチト長い。

 後半は、サン=サーンスの「オルガン付交響曲」だ。オルガンは大男のティエリー・エスケシュが弾いた。これも私にはさほど興味のある交響曲ではないのだが、さすがにフランスのオーケストラが演奏すると、独特の典雅華麗な味わいが生まれて来る。豪壮な終結に向かって全管弦楽とオルガンとをこれでもかと煽り立てて行くパーヴォの指揮も、ニヤリとさせられるほどの鮮やかさである。

 アンコールは、今夜はフランスものばかり3曲、ビゼーの「ギャロップ」、ベルリオーズの「ラコッツィ行進曲」、ビゼーの「カルメン」前奏曲、という具合。
 この2日間のパリ管の演奏には、良く言えばある種の自由さが感じられていたものだが、最後のこの「カルメン」前奏曲にいたって、特に弦を中心に、完璧な調和と均衡を保った、柔らかく美しい響きが出現したのであった。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/1772-740374e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」