2017-11

3・30(日)地方都市オーケストラ・フェスティバル第4日
飯守泰次郎指揮 関西フィルハーモニー交響楽団

  トリフォニーホール (夜)

 「関西フィル最初で最後のワーグナーですよ! 聴いてください!」と、先日このオケの西濱秀樹事務局長が言って回っていた。
 冗談で言っているのか本気で言っているのか解らぬが、彼は関西のノリというのか、プレトークなどで藤岡幸夫(同団首席指揮者)と組むと、まじめな顔をして何とも面白い話をする人だから、何となく迫真性がある。
 たしかに、ハープ4台、4管編成、ワーグナー・テューバ多数にティンパニも2人、といったような大編成は、基本楽員数50数名のこのオケには負担ではあろう。
 とはいえ、このところワーグナーで乗りに乗っている常任指揮者・飯守泰次郎との絶妙なコンビぶりを誇示するには絶好のプログラムであったことは事実である。

 プログラムは、前半に「ニュルンベルクのマイスタージンガー」「タンホイザー」「ローエングリン」から計5曲、後半に「ニーベルングの指環」から5曲というラインナップで、関西フィルは実によく鳴りわたった。
 飯守は、いささかもオーケストラに対して妥協せず、ワーグナーの豪壮な響きを追及し実現しようと試みる。しかもそれは、見事に成功したのであった。単に音響が壮大であるということだけではなく、大きな空間的拡がりと深い情感がこめられているために、音楽がこの上もなく豊かになっているのである。それこそがまさに飯守の真骨頂であろう。
 些かの粗い個所を別とすればこの演奏は、いわゆる名曲集としては、これまで彼が東京のいくつかのオーケストラを指揮したものよりも格段にバランスに優れ、しかも勢いが良かった。ソリストは緑川まりと三原剛。

 6団体を集めた今年の「地方都市オーケストラ・フェスティバル」は、これでフィナーレ。
 今年は例年と違って、短時日のうちに集中的に公演が行なわれる方法が採られた。もちろんこれは、各都市のファンも上京してまとめて聴けるよう、また各オーケストラの楽員同士も交流できるようにという目的で組まれたものだったが、一般のお客さんにはどう受け取られたであろうか。
 いずれにせよこれは、この上なく意義のある企画である。今後もいろいろな試みを行ないつつ継続展開していって欲しいと願うこと切なるものがある。
 佃煮やら菓子やら工芸品やら、各地の名産品も売られていた。いいことだが、販売場所が大ホールと別のフロアにあっては、一般のお客さんはあまり気がつなかったのではなかろうか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/170-3c6ef759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」