2019-11

2・17(日)大植英次指揮大阪フィル東京公演

  サントリーホール

 大植英次の新境地、というよりは、彼と大阪フィルの新境地、と書くべきだろう。この日の演奏は、これまで聴いた彼らの演奏とは随分違っていた。

 その最大のものは、音色である。特にラヴェルの「道化師の朝の歌」とベルリオーズの「幻想交響曲」で彼らが披露した音色は明るく輝かしく、それも滑らかに彫琢された音というよりは、粒立ちの強い、全ての楽器があいまいに妥協せずに自らの存在を主張できるというオーケストラの好ましい姿を実現できるような演奏になっていたのである。
 これは、もしかしたらサントリーホールの2階席中央で聴く音の癖との相乗効果による印象かもしれない。が、いかにあの席とはいえ、すべてのオーケストラがそういう音で聞こえるわけではないから、これはやはり大植と大阪フィルが、このフランスの2つの作品で狙ったものが成功を収めたのだと考えてもいいだろう。
 
 音色以外にも、響きにふくらみが感じられ、それが空間的な壮大さを生み出していたのが印象的であった。「道化師の朝の歌」最初の部分での、最弱奏から最強奏への突然の変化にも、決してわざとらしい怒号はなく、きわめて自然な解放感があふれていた。全体に遅いテンポで構築された「幻想交響曲」でも、同様である。
 アンコールで演奏されたエルガーの「エニグマ変奏曲」の中の「ニムロッド」での軽やかで柔らかく、神秘的なほどの弱音の美しさは、それらを集大成した名演といってもよく、かつてテミルカーノフとサンクトペテルブルク・フィルがこのホールで聴かせた演奏をさえ凌ぐといっていいほどであった。
 
 大植英次と大阪フィルの演奏は、これまでにもしばしば聴いてきたが、何か彼らの個性が掴みきれない、もどかしいところが多々あった。指揮者がオーケストラを自分の楽器に仕立て上げるのには長い時間がかかるということは、いろいろな例を見れば明らかだが、大植と大阪フィルも、やっとそのような時代に入ってきたのかもしれない。もちろんこれは、他のレパートリーをも聴いた上でないと、軽々しく断定はできないものだけれども。だがとにかく今日の演奏には、このコンビの今後に対して胸の躍るような期待をもたせるものが感じられたのであった。

 この2曲の間には、小曽根真がソロを弾くガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」が聴衆の人気を集めた。この人の音色もまた、きらきらと輝くように美しい。これだけ爽やかな音色で、しかも一瞬の緩みも感じさせずにピアノを演奏する人は、クラシック系のピアニストの中にさえいないかもしれない。例のごとく自由な即興のソロを随所に含み、演奏時間も普通のものより格段に長くなっていたが、それもおそらく作曲者ガーシュウィンが心に描いていたものだろうと思わせるほどの説得力と、楽しさにあふれていた。
  産経新聞(2月24日)演奏会評

コメント

 はっきり言って、小曽根ソロのガーシュウィン目的で行ったのですが、あまり期待していなかった大植・大フィルに、面目一新、耳を洗われる思いをしました。オケの緊密なアンサンブルを掌握し、単なる大言壮語に陥らない指揮に、両者の豊穣な関係を感じました。アンコールの「ニムロッド」の演出も心憎い。バイロイトでは一敗地まみれましたが、これからも頑張ってほしいですね。
 ところで、小曽根のアンコール「Wild goose chase」は、同郷の村上春樹著「Wild sheep chase」のもじりでしょうが、彼ら風貌が似てますね。
 蛇足ながら、ラプソディーでLB最前列で盛んに首を揺らして目障りだった女性の隣席に、後半、そのソロ奏者当人が着席し、幻想の終演後、二人して大植らに盛大にスタンディング・オヴェイションしていたことを付記しておきます。

今日サントリーホールでマーラーの5番を聴いたけど、よくなかったな。演奏は決して悪くなかったが、大植氏はこけおどし系で、無意味な停止ややたらなあおりでマーラーの情感がしらけてた。それなのに、客の入りはよいし(ただ切符もらったスーツ族風がおおかったけど)、演奏うんぬんでなく、なんかシンパっぽかったな。西本女史とにた感じ。いつものサントリーホールと空気が違った。大阪には聞きに言ったことないけどこういう宝塚的空気なのかな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/145-3b40a0ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」