2019-08

1・18(金)沼尻竜典指揮 東京都交響楽団
 武満とベリオの作品

  東京文化会館大ホール

 前半に武満徹の「弦楽のためのレクイエム」「アステリズム」「系図」、後半にべリオの「シンフォニア」という、かなり意欲的なプログラムで固めた定期。それでも、お客さんが結構入っていたのはうれしい。

 武満の3曲は、作風の全く異なるものが集められていて、聴き手にとっては実に興味深い構成だ。
 沼尻の指揮する武満作品は、小澤征爾や尾高忠明ら、彼より上の世代の指揮者たちによるそれとは随分違って、直裁で明快で、隈取りのはっきりした表現になってきている。「アステリズム」など、武満のものの中では異様に強烈な音響を持つ曲だが、今夜の演奏ではそれが更に強調され、ヴァレーズもかくやとばかりの鋭角的な音楽になっていた。
 武満の作品が永く時代を超えて演奏されていく場合には、そのようなスタイルの変化も当然起こりうるだろう。外国人指揮者による武満が極めてメリハリの強いものになることは以前から承知していたが、日本人指揮者の手でそのようなスタイルが試みられるようになったということは面白い。沼尻が都響を振った武満作品のCDを聴きなおしてみたが、以前はやはりもう少しレガートな演奏だったから、彼の指揮自体も以前とは変わってきたのかもしれない。
 ただ、録音の場合は収録方法により演奏のニュアンスが変わって聞こえることがあるし、また今夜のように響きのドライな東京文化会館の、しかも1階後方で聴いた場合には、音が裸で聞こえることもある。そのあたりをうまく斟酌しないと、演奏の印象が実際とは異なってしまうこともあるから、即断は避けなければなるまい。

 「系図」は、水谷妃里の朗読。これも、今まで聴いた演奏では、「音楽とともに語られる詩」といったような、多少は夢見るような雰囲気のナレーションが多かったが、今回は完全に「セリフ」としてリアルに語られた。そういうメリハリのよさは、沼尻の音楽とある意味で合致していたかもしれない。もっとも、あの「波の盆」とも共通する、異様なほどに詠嘆的なオーケストラの響きの中にあっては、ナレーションにいま一つ感情の襞が欲しいな、と感じたのは私だけではないだろう。

 「シンフォニア」も、私の席からはやや硬めの響きに聞こえたが、引用されて折り込まれるさまざまな曲の断片が明確に聴き取れたこともあって、たいへんおもしろかった。とはいえ、コーラスのパートとオーケストラのバランスは、どんな上演においてもなかなか難しいものである。
 今夜の演奏では男声ばかりが強く聞こえたのが気になったが、これはPA担当者のセンスによるものだろう。男声パートによって歌われ、語られるテキストが、あそこまではっきり聞こえることが必要だろうか? あまりにくどく「言葉」が聞こえすぎると、だんだん煩わしくなってきて、「るせえな、音楽が鳴ってんのに、いつまでベラベラ喋ってんだテメエ」と毒づきたくもなる。そして、聴いているうちに、40分に及ぶ作品全体をすべて同じ手法で作ってしまったのは、やはりベリオの失敗ではなかったろうか、などということまで考えてしまったのであった。

 先月の定期と打って変わって、本番中の会場の照明は、適度な半明かりになっていた。眩しくなくて助かる。

コメント

今回はテクニック的なお話で難しいなぁ、と思いながら読んでいたら、
「音楽が鳴ってんのに、いつまでベラベラ・・・」ときて、つい笑ってしまいました。
・・・この日のPAさんのセンスが、
ベリオさんの望むものだったのか否か、ちょっと知りたいところです~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/124-2afffe26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」