2017-11

5・18(水)エリアフ・インバル指揮東京都交響楽団

  東京文化会館大ホール  7時

 都響の復調、漸く成る――と言ってもいいか。

 特にブルックナーの「第2交響曲」では、震災前に到達していたあの豊麗で壮大な均衡が、ほぼ完全に取り戻されていた。
 それがはっきりと感じられたのは、第1楽章が始まって暫くしたあたりからである。特に弦楽器群のふくよかな厚み、緻密な響きは、わが国のオーケストラの中では随一と言っても過言でなかったあの水準にまで、復帰していた。
 金管楽器群の音色も、楽章を追うごとに安定して行った。とりわけ第3楽章以降では、濃厚な弦の表情と呼応して、極めてスケールの大きな音楽がつくり出されていた。

 ここまで来れば、もう大丈夫だろう(と思いたい)。インバルがこのあと12月まで来ないのはちょっと気になるけれど、都響は震災前の半年間、他の客演指揮者の時にもがっちりした音楽をつくっていたから、今度も何とか水準が保てるのではないだろうか(と思いたい)。

 この「2番」、ブルックナーものにしてはコラール的な要素があまり無く、むしろ息の短い主題と細かいリズムで畳み掛けて行くといった性格が多く聴かれる作品だが、インバルという人は、どちらかというとそういう音楽の方を得意としているように感じられる。まとまりのない形式のこの第4楽章が非常に豪快な構築となっていたのも、インバルのそのダイナミックに畳み掛ける追い込みの巧さに由るところが大きいであろう。

 第1楽章の【H】から【I】にかけて、木管の歌謡風な旋律を支える弦楽器群が大きくざわめき、波打ちながら僅かにテンポを速めつつクレッシェンドして行く個所は、私が大変好きなところなのだが、今日の演奏でのインバルの「煽り」と、それに応える都響の弦の厚みのある音色と躍動と緊迫感は素晴らしかった。ここだけでももう一度聴きたい、と思ったほどである。
 ともあれ今日の「2番」、インバルと都響のブルックナーの中でも、昨年の「8番」や「6番」をしのぐ見事な演奏――と私には感じられた。

 なお前半には、プロコフィエフの「ヴァイオリン協奏曲第2番」。そこでも都響は重厚な低音を基盤として、空間的な拡がりのある柔らかい響きを聴かせ、この曲の叙情的な側面を美しく出していた。ソリストは若い女性奏者ブラッハ・マルキンで、これも綺麗なプロコフィエフをつくる。

 いつだったかこのブログで、「日本の演奏会場の客席は暗すぎる、プログラムやスコアを見ながら聴けるくらいの照度は欲しい」と書いたことがあったが、あれは全面的に撤回する。
 東京文化会館大ホールの都響定期はいつも客席が非常に明るいが、今日は隣に座っていたオヤジサンが、プロコフィエフの間はのべつプログラムをパラパラとうるさくめくっては読み、ブルックナーの時にいたっては何と「写楽」を拡げ、頁をパチパチ繰りながら読み続けていた。こんな非常識なオヤジは見たことがない。客席が明るすぎるからこんなことをする奴が出て来るのだ、電力節減の時だというのに文化会館は何故こんなに照明を上げているのだ、と、内心八つ当たりを繰り返す。
 おまけに、前のオバサンは椅子から転げ落ちそうな勢いで舟を漕いで居眠りしているし、近くにはのべつ鼻をすすっている人がいるし、・・・・気が散ること夥しく、仕方なく目を閉じて必死に精神を音楽に集中しようと試みる。
 が、そんな中でも、今夜は充分演奏に浸れたのであった。インバル=都響のブルックナーが如何に見事だったか、ということであろう。

    ⇒モーストリークラシック8月号 公演Reviews

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

残念かな、聴衆(隣人)のハズレはコンサート通いの宿命ですよね。お疲れ様でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/1101-169e6758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」