2017-11

5・5(木)ラ・フォル・ジュルネ ペレス・リサイタル

   東京国際フォーラム G409 5時15分

 これだけはどうしても聴きたかった、というのがこのルイス・フェルナンド・ペレスのリサイタル。
 昨年ナントで聴いて以来、大ファンになってしまったピアニストだ。

 今回はブラームスの「4つのバラード」と「3つの間奏曲」およびリスト編曲によるワーグナーの「イゾルデの愛の死」というプログラムで、たしか同一プロで4回組まれていたはずの、これが最終公演である。
 しかし、絨毯張りの小さな会議室のような会場(客席153と号す)でもあるし、スタインウェイながら楽器の調律にも多少疑問があったし、というわけで、強靭な集中力と緊迫感が身上ともいうべきペレスのピアニズムが本領を発揮するには全く不向きな環境であろう。その意味では、ブラームスの落ち着いた作品の方に、美しさが感じられた。
 この人の演奏、もっと響きのいい大きなホールで聴きたいものである。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/1093-029efc33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」