2020-04

4・3(日)東京・春・音楽祭 マラソン・コンサート第3部「マーラー」

   東京文化会館小ホール  3時

 来日演奏家総崩れの様相を呈している当今、日本の演奏家たちには大いに気を吐いていただきたいが、こちらが実際にその演奏を聴きに行かなければ、応援も口だけに終ってしまう。それもあって、「東京春祭マラソン・コンサート」(午前11時~夜8時)なるものを、せめて一部分なりともと思い、聴きに行く。

 このマラソン・コンサートは「ウィーン、わが夢の街」という総合タイトルで構成された各1時間のプログラムだ。

 第3部は「音楽家グスタフ・マーラー~私の時代が来るだろう」と題されていて、演奏された作品は「ピアノ四重奏曲(断片)」(クァルテット・アルモニコのメンバーおよびピアノの青柳晋)、ワルター編曲による4手ピアノ版「巨人」の第1楽章(青柳晋、伊藤恵)、「亡き子をしのぶ歌」(河野克典、伊藤恵)の3つ。

 このうち「ピアノ四重奏曲」は学生時代の作品で、ブラームスを思わせる旋律も出て来るロマンティックな曲想だが、ナマで聴くと、音の空間的な拡がりも影響してか、いっそう悲劇的な性格が強く感じられるようになる。
 ピアノ版「巨人」は、原曲を少し端折ったようなところもあり、4手にしては響きが薄く、あまり良い編曲とも思えないが・・・・。この版を基にして岡城千歳がピアノ・ソロに編曲したもの(CD)の方がよほど多彩な表現力を持っているのではないか、などと考えながら聴いていた。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://concertdiary.blog118.fc2.com/tb.php/1054-c05fcb91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」