2019-12

2019・12・14(土)ラモー:「ピグマリオン」

     いずみホール  2時

 大阪で、いずみホールの意欲的なシリーズ、故・礒山雅氏の企画・監修による「古楽最前線!」の一環、「いずみホール・オペラ2019」としてのラモーの「ピグマリオン」上演を観る。

 バロック・オペラの上演される機会のあまり多くない日本では、この種の企画は極めて貴重だ。また、中型ホールとしてのほどよい空間性や音響の良さなどの点でも、このいずみホールはバロック・オペラの上演にちょうど手頃な会場と言えるかもしれない。

 今日の第1部は、リュリの「アティス」「町人貴族」「アルミード」からのいくつかの音楽と、2番目にコレッリの「ラ・フォリア」を挟み込んだプログラムで構成され、これらでは演奏の他にバロック・ダンスが織り込まれる。そして第2部ではラモーの「ピグマリオン」全曲が演奏され、ここではコンテンポラリー・ダンスが織り込まれるという具合だ。

 中心となっているのは、寺神戸亮が率いるバロック・オーケストラ、レ・ボレアードだが、北とぴあでの「リナルド」上演からたった2週間ほどしか経っていないというのに、かくも充実した演奏を聴かせてくれるのだから立派なものである。
 また歌手陣には波多野睦美、鈴木美紀子、佐藤裕希恵が出演。バロック・ダンスは松本更紗、コンテンポラリー・ダンスは酒井はな、中川賢。合唱はコルス・ピグマリオーネス。演出が岩田達宗、振付が小尻健太。

 オーケストラは舞台奥の一段高い山台の上に配置され、演技とダンスは舞台前方のスペースをいっぱいに使って行われる。このダンスの挿入は今回の上演の目玉とでもいうべきもので、所謂「オペラ・バレ」のスタイルを応用した舞台の試みであった。
 特に第1部での松本更紗のバロック・ダンスは美しく、アルルカン(道化)の役でも才気ある表現で観客を楽しませた。

 ただ、欲を言えばだが、その折角のダンスも━━若干の照明が加えられていたとはいえ━━それが何も装飾のない裸の舞台上で行われていたため、視覚的に些か殺風景な雰囲気に取り巻かれていたという印象を免れない・・・・つまり、玲瓏たる雰囲気は、あまり感じられなかったのである。
 たとえば、簡単でいいから、カーテンか何か、清涼な背景装置のようなものがあって、それに照明演出が施されたりしていたら、その前で繰り広げられるダンスもさらに洒落たものになるのではないか、という気もするのだが。

 しかし、上演全体としてはすこぶる良かった。いい企画だった。そして何よりもまず、音楽そのものが素晴らしかったのである。

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

ブログ内検索

お知らせ

●2007年8月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年8月
2006年7月
2006年4月
2006年3月
2005年12月
2005年8月
2005年4月
2005年3月
2004年4月

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」