2019-10

2019・10・17(木)クリスチャン・ツィメルマンのブラームス

       サントリーホール  7時

 今回は彼のソロ・リサイタルではなく、ブラームスの室内楽━━ピアノ四重奏曲。
 前半に「第3番ハ短調」、後半に「第2番イ長調」というプログラムで、ヴァイオリンのマリシャ・ノヴァク(ポーランド祝祭管弦楽団コンサートマスター)、ヴィオラのカタジナ・ブドニク、チェロの岡本侑也が協演した。

 悪い方の話は先に・・・・今日は1階席17列真ん中あたりで聴いていたのだが、アンサンブルとしての響きのバランスがどうも腑に落ちないところがある。
 2階席で聴いていた知人は、ふわりとまとまったアンサンブルに感じられた、と言っていたけれども、私がいた1階席からは、ツィメルマンの気品に満ちて落ち着いた、透明な美しい音色のピアノがやや遠くに押しやられた感があり、代わりにヴァイオリンとヴィオラが強い自己主張と情熱(良く言えば、だが)に燃えて勢いよく鳴りわたる(鳴り過ぎる)というように聞こえてならなかったのである。

 そうなると、チェロがもっと強く出てもいいのではないかと思えるのだが、岡本のほうはかなり控えめに弾く。しかし、いったん彼が美しい、品のいいチェロで前面に出て来た時には、そのほうがむしろツィメルマンのそれと近いようにさえ感じられたのだった。

 それはそれとして、「3番」が始まった瞬間、まさにブラームスだな、と至福の境地に誘い込まれる。「ピストルを頭に向けた人」(ブラームス自身が手紙に書いたという)などというイメージを連想する心境にはとてもならないけれど、その渋さは独特の魅力だ。とりわけ、今日の演奏における最弱音は幽遠な、深沈たる秘めやかな世界そのもの。
 それをじっくり受け止めるには、このサントリーホールの空間はあまりに大きすぎる気がしないでもないが。

 プログラム後半の「2番」では、落ち着きの中にも闊達さを覗かせるブラームスの姿が現われ、気持の上での寛ぎを恵んでくれた。

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

ブログ内検索

お知らせ

●2007年8月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年8月
2006年7月
2006年4月
2006年3月
2005年12月
2005年8月
2005年4月
2005年3月
2004年5月
2004年4月

最近の記事

Category

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」