2019-10

2019・10・10(木)野田秀樹演出「Q」 松たか子、竹中直人他

      東京芸術劇場プレイハウス  6時30分

 「Q」とは何だかよく分からないのだが、ロックのクイーンの演奏を効果音楽として使っていることに関係があるのかも。
 そういうことをあまり詳しく説明しないのが演劇の世界であるらしい。(それに比べると翻ってクラシック音楽の世界は、善し悪しは別として、何とまあ、由来だとか経緯だとか、内容に関する事細かな説明・解説がなければ済まぬジャンルであることか。もっとも、そのおかげで私たちごとき業者も恩恵を蒙っているわけだけれど━━)。

 それはともかく、このお芝居、ちょっと長いが(15分の休憩1回を含み10時頃終演)面白い。
 話の基は「ロミオとジュリエット」だが、これを日本の源氏と平家の対立時代に持ち込み、ついでにシベリヤ抑留のイメージも盛り込んでいるのが特徴。
 平清盛(竹中直人)の息子が瑯壬生=ろうみお(上川隆也)、源頼朝(橋本さとし)の妹が愁里愛=じゅりえ(松たか子)、自由な瑯壬生と愁里愛がそれぞれ志尊淳と広瀬すず━━といった具合で、もちろん野田秀樹自身も狂言回し的な「源の乳母」として大暴れする。

 野田秀樹得意の言葉の遊び、語呂合わせ、駄洒落なども随所に散りばめられ、テンポの速いコミカルな舞台が展開するという芝居である。
 もっとも結末は悲劇的で、赦免された仲間を乗せた舟が遠ざかるのを瑯壬生(上川隆也)が、鬼界が島の俊寛そっくり、「おーい」と悲しげに叫びつつ見送るシーン(これは冒頭でも出る)も印象的だ。ここでは、シベリヤの野に寂しく果てるロミオ、ということか。
 平清盛と平の凡太郎の2役を演じる竹中直人の怪人ぶりは,、流石のもの。

 このあと、大阪と北九州でも興行の予定で、ほぼ2カ月にわたる公演の由。

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」