2019-08

2019・8・15(水)ダ・ヴィンチ音楽祭in川口 「オルフェオ物語」

     川口総合文化センター・リリア 音楽ホール  6時30分

 レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年に因む、彼をテーマにした音楽祭(芸術監督・濱田芳通)の一環。これは8月14日から17日まで、リリアで開催されている。

 そのうちのメイン・プログラムともいうべき、このオペラ「オルフェオ物語」は、濱田芳通が代表を務める古楽アンサンブル「アントネッロ」が放った力作だ。
 拡大された編成のアントネッロを、濱田自身がコルネットやドゥセーヌ、クルムホルンなどを吹き分けながら指揮し、中村敬一が演出して、ほぼセミ・ステージに近い形式で上演。オルフェオを坂下忠弘、エウリディーチェとメルクーリオを阿部雅子、ダ・ヴィンチを黒田大介、プルートを弥勒忠史、その他多数の歌手たちが歌い演じていた。

 これは、ダ・ヴィンチが作曲したオペラというわけではない。現存するアンジェロ・ポリツィアーノの台本と、上演に際しダ・ヴィンチが書いた大道具に関するメモが残存すること、そしてダ・ヴィンチの弟子が主役オルフェオを演じた事実━━などから、多分ダ・ヴィンチが上演に関わったであろうことを想定し、この台本に基づき、濱田芳通が当時の多くの作曲家の作品から音楽を借り、編纂構成して当て嵌めた「オペラ」というわけ。
 したがって、ダ・ヴィンチはいわばダシのようなもので、音楽面では徹頭徹尾、濱田芳通が主役的存在である。彼の「作曲に近い編曲」の手腕が発揮された作品、と言っていいだろう。

 ストーリーは、は誰もが知っている有名な「オルフェオとエウリディーチェ」だが、これまでのオペラに多い所謂ハッピーエンド版でも、妻を冥界に奪い返されたオルフェオの悲嘆で結ばれる形とも違って、そのあとに、二度と女性を愛さなくなったオルフェオが「狂乱する女たち」(ここではバッカスの巫女たち)に八つ裂きにされるという、オルフェウス伝説にあるエピソードまで取り入れている。これは興味深い。
 但し、物語の中でダ・ヴィンチ自身が狂言回し役で登場し、オルフェオとホモ関係になるエピソードも織り込まれているけれども、その部分の台本が誰の手によるものかについては、プログラム冊子には載っていない。

 この時代の古楽に関しては、私は不勉強にして全く詳しくないのだが、バッカスの巫女たちが馬鹿騒ぎする最終場面を除いては、編纂された音楽がどれもぴたりと嵌って快い。
 歌の部分は引用元の音楽に対して「替え歌」となるわけだろうが、よくもこれだけ巧く当て嵌めたものだと、ただもう感服するほかはない。シンフォニア的な器楽部分に関しても同様である。
 なお前述の、バッカスの巫女たちの馬鹿騒ぎの場の音楽が「結んで開いて」そっくりのフシだったのには笑った。その前後の音楽には、全然「古楽」のような雰囲気はないのだが、濱田の解説には、ちゃんと出典が明示されている。

 演奏に関しては、全て見事の一語に尽きる。アントネッロの演奏も、主役歌手陣も同様だ。冥界の王プルート役の弥勒忠史の、クラウス・キンスキーのドラキュラみたいなメイクの風貌から響き出すカウンターテナーも傑作だった。

 とはいっても、違和感を覚えた点も、無くはないのだが。
 たとえば、ダ・ヴィンチ━━こちらのメイクは、「のだめカンタービレ」に登場する怪人ミルヒ・ホルスタイン教授役の竹中直人そっくり━━の日本語の芝居部分は長いし、少々しつこい。
 オルフェオとダ・ヴィンチの「おっさんずラブ」場面も、それはそれでアリとしても、もう少し綺麗で、洗練された舞台にならなかったものだろうか。彼らが舞台前面で延々と絡み合っているシーンなど、むしろグロテスクなイメージさえ生んでいた。また、巫女たちの歌唱(発声)と演技も、まるで当節の安もののショウの如し。
 かように、気品のあるスタイルで進めて来た神話の世界を、最後に「今ふう」のくだけた世界に戻すという発想は、新国立劇場の杮落しで上演された團伊玖磨の「建・TAKERU」の、あの大ブーイングを浴びたラストシーンの演出を思い出させる。こういう手法は、概して巧く行ったためしがないのである。

 20分の休憩1回を含み、終演は9時20分頃。

2019・8・11(日)ダン・エッティンガー指揮東京フィル
フェスタサマーミューザKAWASAKI

      ミューザ川崎シンフォニーホール  3時

 東京フィル桂冠指揮者のダン・エッティンガーが、ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲、モーツァルトの「フルート協奏曲第1番」(ソリストは高木綾子)、チャイコフスキーの「悲愴交響曲」を指揮。高木綾子のソロ・アンコールはドビュッシーの「シランクス」。コンサートマスターは三浦章宏。完売、ほぼ満席。

 エッティンガーと東京フィルのコンサートを、ナマで聴くのは久しぶりである。彼もだいぶ貫録がついて来たようだ。オケから引き出す音楽にも、スケール感を増した。とりわけ「悲愴」には、エッティンガーの良さが現われていた。
 彼の指揮するチャイコフスキーの交響曲は、10年近く前に「4番」と「5番」を聴いたことがあるが、それらと同様に、今回の「悲愴」もテンポの動きが大きく、デュナミークの構築も劇的だ。弦もたっぷり鳴らすが、それ以上に管楽器群の動きを目立たせる。

 第1楽章提示部の舞曲調のくだり(モデラート・モッソ)の最後で、クラリネットのソロをまるでジャズのアドリブでもあるかのように極度に目立たせたのには驚いた━━そこでは奏者も実に派手な身振りを見せて、カーテンコールでもひときわ拍手を浴びていた(お客さんもよく見ているものである)。
 また第3楽章での1回目のクレッシェンド(第53小節から)では、各管楽器による主題のモティーフの受け渡しを際立たせ、小気味よいシャープな演奏をつくっていた。

 全曲を通じ、特にホルン群には随所で最強音を際立たせ、トロンボーンにも異様なほど豪快に咆哮させたが、このように金管群の内声部を前面に押し出した演奏は、これまで聴いたことのないほどのものである。晩年のチャイコフスキーの精妙な管弦楽法を浮き彫りにした演奏で、実に面白い。
 ただその代り、弦楽器群の多彩な動きの魅力が犠牲にされたきらいもあっただろう。また、トロンボーンは、ややリアルに過ぎる傾向もなくはなかった。━━といってもこれらは、2CB席ほぼ中央で聴いた印象だから、他の席ではまた異なるバランスが生じていたかもしれない。

 エッティンガーの細かい個所での巧さは枚挙に暇がない。
 たとえば第1楽章第153小節以降のティンパニの最弱音のトレモロの最後を、全てポンとアクセントをつけて結んでいたところなど、凝り過ぎの感じもしたが、スコアを見なおしてみると、それらのトレモロの最後はいずれも8分音符となっているのであって、エッティンガーはまさにスコア通りに、しかもそれを明確に再現させていたのだということが判るのである(これはティンパニをはっきりと叩かせていたから聴きとれたと言える)。

 その他、第1楽章終結部、ロ長調で弦のピッツィカートが下行して行く個所で、髙いロ音に少し強いアクセントを付し、漸弱で下がって行くといった丁寧なつくり、第2楽章中間部で漸強・漸弱の細かい指定を活用して音楽全体を揺れるように構築していたこと、あるいは第4楽章でファゴットが下行して行くその最後で弦に与えた表情豊かな響きなど、━━久しぶりに新鮮な「悲愴交響曲」に巡り合い、この曲の良さを再認識させてもらったように思う。

2019・8・6(火)藤岡幸夫指揮東京シティ・フィル&ソッリマ
フェスタサマーミューザKAWASAKI

      ミューザ川崎シンフォニーホール  7時

 今日の登場は、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団。指揮は、この4月から同楽団の首席客演指揮者となった藤岡幸夫である。シベリウスの「レンミンカイネンの帰郷」で開始したあと、ジョヴァンニ・ソッリマをソリストに迎えたドヴォルジャークの「チェロ協奏曲」を演奏した。

 このソッリマの演奏が、とにかく凄い。全身で音楽に没頭するような大きな身振り、時には指揮の身振りまで交えるステージ姿は━━「チェロ界のジミ・ヘンドリックス」と呼ばれるそうだが━━私にはむしろ、そのかみのロストロポーヴィチを思い出させる。
 演奏そのものは、ロストロポーヴィチのそれよりも開放的で明朗で、湧き上る情熱のままに弾いて行くといったタイプ。ドヴォルジャークらしい哀愁や郷愁などからは少し離れるが、その代り、この作曲家がふだん見せない激情や興奮を隠すことなくさらけ出す━━と言ったイメージを連想させる演奏にも喩えられようか。

 第3楽章でソロ・ヴァイオリンと応酬する個所では、コンサートマスターの青木高志(ゲスト)との丁々発止の対決が聴かれた。
 ここも昔N響の演奏会で、コンマスの海野義雄が身を乗り出して挑戦的に弾きまくるのを、「かかって来い」と言わんばかりの身振りで応戦したロストロポーヴィチを彷彿とさせるソロが繰り広げられた。青木の身振りは、海野とは違って端然としていたものの、演奏自体にはそうした気魄の火花が飛び交っていたように思われたのである。藤岡も、ここぞという山場を、がっしりと決めていた。

 ソッリマのソロ・アンコールは、「お知らせボード」によれば、自作の「ナチュラル・ソングブック」の第4・第6、とのこと。これまた超絶技巧で、足を踏み鳴らし、会場の手拍子まで誘うという陽気な作品。ソッリマは、楽器を高々と頭上にあげて拍手に応える。会場は沸いた。

 第2部で、藤岡とシティ・フィルが演奏した大曲は、芥川也寸志の「交響曲第1番」だった。1955年に上田仁指揮東京響により初演された由。
 第4楽章にはプロコフィエフの「第5交響曲」などの影響も聴かれるが、芥川得意のオスティナート手法よりは、むしろ息の長い強烈な咆哮が目立つ。そのあたりは、ショスタコーヴィチの影響とも言えるかもしれない。
 極めて緻密で分厚く、濃密な音づくりで、これでは当時のか細い薄っぺらな響きしか出せぬ日本のオーケストラの演奏では真価が伝わらなかったろう。

 当時の日本の作品の多くに言えることだが、その真の価値は、今日の向上した日本のオーケストラでこそ発揮されるだろう。その意味でも、私たちは、日本の古典作品をもう一度見直してみるべきだ。藤岡幸夫が今後ライフワークとして手がけたいと宣言している、日本の先人作曲家の作品を掘り起こす活動は、大いに意義のあることだと思う。

2019・8・4(日)フェスタサマーミューザ川崎 高関健指揮仙台フィル

      ミューザ川崎シンフォニーホール  3時

 ミューザ川崎を中心に開催されている真夏恒例の「フェスタサマーミューザKAWASAKI」,今年は7月27日に開幕、8月12日に閉幕する。

 出演のオーケストラは、例年は東京と神奈川のプロ・オケに、川崎市の昭和音大と洗足学園音大の各オケなどだったが、今年はゲストとして仙台フィルハーモニー管弦楽団が加わった。
 なおラインナップには、一昨日のゲルギエフとPMFオーケストラも入っているが、これはあくまで別格的存在という。同フェスタとしては、今後は毎年、地方都市オーケストラをも━━おそらく1団体ずつだが━━ゲストに招いて行こうという腹づもりのようだ。

 仙台フィルは、同団レジデント・コンダクターの高関健の指揮で登場した。プログラムは、ストラヴィンスキーの「サーカス・ポルカ」、チャイコフスキーの「ヴァイオリン協奏曲」(ソリストは郷古廉)および「交響曲第4番」。
 オーケストラは弦編成12-10-8-6-6の規模で、コントラバスを正面奥に並べた高関の好きな配置。ゲストコンサートマスターは三上亮。

 「サーカス・ポルカ」は、しかし何故か少々ユーモア感に乏しい演奏で、オーケストラの響き全体に仙台フィルらしい精密なトーンが不足し、ただ雑然とした音楽といった印象しか残らない。この巨大なホールのアコースティックに慣れないのか、練習不足なのか、それともサマーコンサートゆえに「寛いだ」のか? アンサンブルにはうるさい高関健の指揮にしては、予想外であった。

 そして実はその傾向は、メインのチャイコフスキーの「4番」の演奏にも聴かれたのである。確かに、部分的には、内声部の動きに面白い響きが生れていたり、いくつかの個所にふだんとは異なる音色やバランスのようなものが聞こえたり(これは彼に詳細を訊ねてみたいところだ)、楽曲全体の構築に高関健らしい「持って行き方の巧さ」が感じられたり、という良さがあったことは事実である。
 問題は、それにもかかわらず、音楽に、それぞれの音の間に、もしくは各パートの間に、何というか一種の不思議な「隙間」のようなものが感じられてならなかった、ということなのだ。

 だが、演奏の面白さ、というものはあった。特に「ヴァイオリン協奏曲」。
 これは、郷古廉の確信に満ちた、骨太で強靭な、しかも切れ味のいいソロによるところも多かっただろう。ハイフェッツやオイストラフが演奏したこの曲と同じく、甘美さよりも、むしろ堂々とした力と風格と押しの強さ━━それらはチャイコフスキーの音楽に本来は備わっている特徴なのだ━━が浮き彫りにされ、聴き慣れたこの協奏曲から新鮮なスリル感も引き出されていたのである。
 さらに郷古廉は、ソロ・アンコールにイザイの「無伴奏ソナタ第5番」の第1楽章を弾いたが、これも稀に聴くような強靭な力にあふれた演奏だった。

 オーケストラが最後にアンコールとして演奏したチャイコフスキーの「悲愴交響曲」の第3楽章には、笑った。
 シンバル2対を炸裂させるなど、威勢のいい演奏だったが、それだけではない。楽譜にうるさい高関ならまさかやるまいと思われた方法━━「序」の部分のあと、第1部を見事にカットして第2部のクレッシェンドに飛び、そのまま最後のクライマックスへ、というのを、本当にやってしまったのである。
 満員御礼の客席は、暑さを吹き飛ばすようなこの曲に沸き返った。「フェスタサマー」はこれでいいのかもしれない。
 ロビーに張り出してあった「アンコール曲のお知らせ」に、「第3楽章」ではなく、几帳面にも「第3楽章より」と書かれていたのには敬意。

2019・8・2(金)ワレリー・ゲルギエフ指揮PMFオーケストラ川崎公演

       ミューザ川崎シンフォニーホール  7時

 昨夜と同一のプログラムによる、今年のPMF最終公演。

 あらゆる点で、この3回の公演の仕上げを示すに相応しい、最高の演奏だったと言えよう。
 特にショスタコーヴィチの「第4交響曲」の演奏では、前日に感じた不満のほとんどが解消されていた。トロンボーンやファゴットをはじめ、各パートのソロは昨日とは比較にならぬほど確信に満ちて力強く、音楽に強靭なアクセントを与えていたし、最強奏の際のアンサンブルにも一層の明晰さが生れていた。演奏の表情も、昨日よりはずっと濃かったのではないか? 

 10年以上前のチャイコフスキーの「第5交響曲」での演奏のような変幻自在の神業的なエスプレッシーヴォは望むべくもないが━━作品の性格からして異質なのだから当然ではあるが━━ゲルギエフのオーケストラ・アカデミーのプロジェクトとしては、今年も一定以上の成果を収めることができた、と評していいだろうと思う。

 なお、デョーミンのソロ・アンコールは、今日はドビュッシーの「シランクス」に変わっていた。今後の活躍を祈りたい。

2019・8・1(木)ワレリー・ゲルギエフ指揮PMFオーケストラ東京公演

     サントリーホール  7時

 朝9時のJAL502便で帰京。札幌も異常に暑かったが、東京の湿気の強さに比べれば未だマシだった。札幌滞在中に何故か再発した腰痛の影響もあって、すこぶる意気消沈。
 9年前の坐骨神経痛に悩んだ時もそうだったが、腰痛の身には、サントリーホール2階客席の段差の大きさは、結構こたえるものなのである。今日は第2部のみ、上皇夫妻が2階RB席に臨席されていたが、あの階段の段差はお辛いのではないかと、毎度のことながら、はらはらさせられるのだ。

 今日の東京公演、プログラムはもちろん昨夜と同一。「牧神の午後への前奏曲」は、演奏時間も11分ほどに達していたようだから、やはり相当テンポが遅い方だろう。音楽全体を抑制し、静謐な神秘性の表出に重点を置いているようなゲルギエフの指揮だ。悪くはないが、ちょっと凝り過ぎではないか、という感もなくはない。

 それとは逆に、ゲルギエフの指揮も含めて、昨夜の札幌での演奏とは別もののように伸び伸びとした、闊達な躍動にあふれた演奏になったのが、イベールの「フルート協奏曲」である。マトヴェイ・デョーミンの爽やかな音色のソロが、いっそう映える。
 チャイコフスキー国際コンクールの総帥(組織委員会委員長)となったゲルギエフが新設した部門で第1回の優勝者となったデョーミンとあれば、ゲルギエフが見出したようなもの。その若々しく溌剌とした奏者をカーテンコールで引き立てるゲルギエフの嬉しそうな顔も、ひときわ印象的だった。
 デョーミンのソロ・アンコールは、昨夜と同じ「サラバンド」。他に手持ちはないのかな?

 第2部、ショスタコーヴィチの「第4交響曲」では、昨夜は各パートのトップに座っていた名手ぞろいの「先生たち」の大半が、もういない。残っているのは、ティンパニのデイヴィッド・ハーバートとパーカッションのシンシア・イェ(いずれもシカゴ響)と、ハープの安楽真理子(METオーケストラ)のみである。従って、オーケストラの人数も、少し減っている。
 ゲルギエフも今日は「長い指揮棒」を使って、ほぼアカデミー生のみの若い集団を率いて行く。

 演奏には、首席たちがリードしてつくり出していた昨夜のような色彩感は失われていた━━それも淡彩に過ぎるほどの音色になっていたのが少々残念だ━━とはいえ、その一方、アカデミー生たちには「自分たちで頑張る」という意識が漲っていたのか、音楽のエネルギーは充分なものがあった。若手を鼓舞するゲルギエフの気力は、定評のあるところである。
 第1楽章の練習番号【63】の個所、弦楽器群が目まぐるしく嵐のように狂乱する個所では、昨夜のデイヴィッド・チャンがリードしていた時のような緊迫感と凝縮力は失われていたが、しかし今日コンサートマスターを務めていた村上祥子(NDRエルプフィル・アカデミー)も、実によく責任を果たしていたように思う。

 ただ、前夜に物足りなさを感じた終結部分は、今日の演奏でもやはり同じだった━━若いオケだからか、それともゲルギエフの指揮が昔より淡彩になったのか(それは事実かもしれぬ)、あるいは、その個所での悲劇的な情感は、歴史を背負ったロシア人のオケ以外には共感し難いものだからなのか?

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」