2019-05

2019・5・30(木)ネルソンス指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

      サントリーホール  7時

 今日はブルックナーの「交響曲第5番変ロ長調」。本拠地ライプツィヒでも、つい2週間ほど前の定期で3回演奏しているから、所謂「完成された演奏」であることは間違いないだろうと思う。

 名門ゲヴァントハウス間の演奏は流石に上手いし、アンドリス・ネルソンスのオーケストラ制御もまず万全のように感じられるのだが、━━そのわりに常よりは長い曲だと感じてしまったのは、こちらの体調の所為か、それともブルックナーが初期から中期にかけての交響曲で多用した、あの「総休止」の扱いに、ネルソンスが未だ歴代の「ブルックナー指揮者」のような巧みさを発揮できていなかった所為か。

 それでも、流石だと思った個所がいくつもある。例えば第3楽章トリオでの、木管群が織り成す綾の妙味。特に第62~64小節のクラリネットなど、瞬時の動きだったけれど、まろやかの極みだった。そして、第4楽章での、厚みある美しい弦楽器群によるフーガの処理もそう。

 しかしその一方で私は、この曲の最大の特徴ともいうべきコラール的な要素が意図的に抑制されていたことには、些かひっかかる。第1楽章からそうだったが、とりわけ第4楽章コーダの昂揚部分にかけては、その傾向がますます気になって来る。それはネルソンスが、このオケの強力な弦楽器群の響きに重点を置いて、金管群をさほど咆哮させずに構築しているためもあるだろう。
 そして最後のコーダでは、あの金管群の高貴で壮大なコラールはほとんど前面に姿を現わさぬまま、テンポを次第に上げつつ、狂瀾怒濤のクライマックスへ駆け上がって行く━━という感なのだ。

 こういう、宗教的な昂揚感と法悦感とは無縁なブルックナー解釈もあって不思議はない、とは思うものの、しかし私のように、金管群のコラールと、低音部に反復される8度の跳躍のリズムとが豪壮雄大に堂々と気品高く対比され、沸騰する弦楽器群がただ和声的効果としてのみ作用してそれらを包む━━といったタイプの演奏に未だあこがれを持っている聴き手としては、このコーダにおけるネルソンスの激烈なカオスのような構築には、やや辟易させられた、というのが正直なところなのである。

 だがそれにしても、最後のティンパニの揺るぎないトレモロには感じ入った。彼らのブルックナーの交響曲のCD(グラモフォン)でも、ティンパニの強靭ぶりは際立っているけれども、この「5番」の最後の5小節で、その本領を聴かされた思いであった。

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」