2019-04

2019・4・12(金)東京・春・音楽祭15周年記念ガラ・コンサート

      東京文化会館大ホール  6時30分

 ステージ前方いっぱいに花が飾られての、華やかな雰囲気。

 今日の演奏は、ミーガン・ミラー(S)、エリーザベト・クールマン(Ms)、ペーター・ザイフェルト(T)、ジョン・ルンドグレン(Br)、イェンス=エリック・オースボー(Bs)、フィリップ・オーギャン指揮の読売日本交響楽団。
 演奏されたのは、チャイコフスキーの「エフゲニー・オネーギン」、ハイドンの「天地創造」、R・シュトラウスの「エレクトラ」、ヴェルディの「オテロ」、ワーグナーの「神々の黄昏」「ニュルンベルクのマイスタージンガー」「さまよえるオランダ人」「タンホイザー」「ローエングリン」「パルジファル」「ヴァルキューレ」からの抜粋(順不同)。

 今日は、歌手陣がみんな素晴らしい。
 その中でも、歌唱の表現力の深さと完璧さという点では、「神々の黄昏」の「ヴァルトラウテの物語」と「ヴァルキューレ」の「フリッカの非難」を歌ったクールマンが群を抜いているだろう。いずれも人物の苦悩と憤怒の感情が、激しく、しかも気品を失わずに描き出される。フリッカは彼女の当たり役の一つだが、以前に聴いた時よりも格段に深みと凄味を増していた。もう1曲くらい歌ってもらいたかったところだ。

 バスのオースボーは、「オネーギン」のグレーミン公爵のアリアと、「オランダ人」のダーラントのアリアを歌った。前者での落ち着いた低音の美しさは立派な風格。後者では指揮者のリズム感があまり明確でなかったので何となく座りが悪い感がしたが、先日の全曲上演の時と同様、人間味充分の歌唱。
 一方、バリトンのルンドグレンは、「天地創造」の「天はこの上なく輝き」と、「オテロ」のヤーゴ(第2幕最後の二重唱)も悪くはなかったが、何よりも「パルジファル」第3幕のアムフォルタスの苦悩の歌が傑出していた。

 ザイフェルトは、今日は「いいとこ取り」だ。歌い方は少々荒っぽいものの、「オテロ」でのヤーゴとの二重唱で劇的な歌唱を聴かせ、「ローエングリン」の「遥かな国に」で本領を発揮し、更に大トリの「ヴァルキューレ」第1幕第3場全曲でジークリンデ相手に大見得を切る。人気も抜群だから出番も多いのかな。

 「エレクトラ」の「独りだ!」と「タンホイザー」の「歌の殿堂」および「ヴァルキューレ」のジークリンデを歌ったミラーは、以前に新国立劇場での「タンホイザー」や「死の都」を聴いた時にはかなりアクの強い歌い方をする人だという感があったが、今日の「歌の殿堂」も同様だ。しかしその他の2役では、それが良い方に発揮されていた。

 読響は流石の重量感と鳴りっぷりだったが、問題は指揮のオーギャンである。「オネーギン」の「ポロネーズ」は、出だしこそ勢いは良かったものの、そのあとがいけない。あんな鈍重で間延びしたリズムでは、ポロネーズになり得ない。この人は、チャイコフスキーのバレエ音楽などには、全く共感を持っていないのだろう。「オテロ」第2幕の幕切れでも、主人公の興奮の感情が全く表現されていない。融通の利かぬ頑固な老職人指揮者といった感だ。ただし幸いなことに、第2部冒頭の「マイスタージンガー」前奏曲以降のワーグナーものでは、盛り返していた。

※本文の中に一部大きな書き間違いがあり、失礼しました。修正しました。

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」