2019-03

2019・3・3(日)ワーグナー:「ジークフリート」2日目

      滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール  2時

 今日のキャストは、ジークフリートをクリスティアン・フォイクト、ブリュンヒルデをステファニー・ミュター、さすらい人(ヴォータン)をユルゲン・リン、ミーメを高橋淳、アルベリヒを大山大輔、ファフナーを斉木健司、エルダを八木寿子、森の小鳥は昨日と同じ𠮷川日奈子、助演の熊も同様に小嶋卓也。

 京都市交響楽団は、予想通り、昨日とは格段の差、「良い時の京響」らしい出来を示した。特に弦の厚みはこのオケならではのもので、第3幕のみならず、その前の2つの幕でも瑞々しい響きを聴かせてくれた。福川伸陽の「角笛」も快調である。

 ところが好事魔多し。今日のジークフリートが、いかにも弱い。深窓の令息(?)とでも言ったような雰囲気で、綺麗な声なのだが、「恐れを知らぬ英雄」としての力強さが、まるきり乏しいのである。
 第1幕最後の鍛冶の場での声のおとなしさはもどかしいほどで、これでは大蛇ファフナーを斃すのも覚束なく、もしかしたら返り討ちに逢ってしまうんじゃないか、ストーリーを変えざるを得ないんじゃないか━━とまで思わせる頼りなさ。

 それでも何とか予定通り大蛇を退治したものの、第3幕でのヴォータンとの対決場面、続くブリュンヒルデとの長大な二重唱では、それぞれ相手がパワー充分の歌唱を聴かせただけに、それと張り合うには何とも分が悪く、声量のバランスの悪い状態になってしまったのである。昨日のクリスティアン・フランツはやはり凄かったよなあ、というのが、われわれロビー雀たちのさえずりであった。

 ブリュンヒルデのミュターは、昨日の池田香織のまろやかな美しい声と正反対に、ダイナミックな輝かしい声で最後の場面を飾った。
 ミーメの高橋淳はいかにもこの役らしい芝居巧者の歌唱表現と演技で、要領の悪い小人の鍛冶屋を見事に表現していた。だが、それでもやはり昨日のホフマン同様、あまり哀れっぽくて騒々しいキャラクターとしてこのミーメを演じていなかったのは、ハンぺの演出上の注文だったのだろうか? 

 一方、ユルゲン・リンのさすらい人は力感充分ではあるものの、第3幕のエルダとの場面では、声も表情も荒々しく、かなりやくざっぽいヴォータンという雰囲気になってしまっていた。ヴォータンをガラの悪い権力指向の大親分として描く演出もないではないが、少なくともこのハンぺ演出はトラディショナルな、神がまだ神としての尊厳を失っていなかった時代のヴォータン像を求めているスタイルのもののはずであり、その意味ではもう少し気品と威厳をこめて歌ってもらいたかった、と思う。
 ただし見方を変えれば、この場での歌い方は、ワーグナーが巧みに描いているヴォータンの自暴自棄的な心理状態を、極度に強調したものだった、とも解釈できるのである。その他の場面では、これほどまでに荒っぽい歌い方はしていなかったからだ。

 沼尻竜典の指揮は、正確で緻密である。オーケストラが昨日と違って好調さを取り戻していただけに、特に第3幕を中心として、作品本来の力強さを蘇らせた演奏をつくり出していた。このツィクルスで、これだけ京響が見事な演奏を聴かせる要因の一つには、やはり沼尻がこのびわ湖ホールのアコースティックを熟知して、ピットでオケをバランスよく鳴らすコツを心得ていることも挙げられるだろう。

  ただし、沼尻のテンポは、昨日と同様、遅い。その遅いテンポは、時として作品の昂揚感を薄めさせてしまう傾向もなくはない。特に幕切れの頂点に向かって音楽が昂揚に次ぐ昂揚を重ねて行くはずの個所でも、テンポが抑制されているため、ワーグナー特有のデモーニッシュな熱狂が今一つ薄く、聴き手の側でも興奮に駆り立てられる度合いが低くなってしまう━━という感もあるのだ。
 もともと沼尻は、クールな音楽構築を特徴とする指揮者だった。それゆえ、この「指環」におけるこのような演奏も、指揮者の個性の為すところなのであり、あとは、聴き手の好みの問題である。

 かくして、来年はいよいよ「神々の黄昏」だ。

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」