2019-02

2019・2・22(金)ローター・ツァグロゼク指揮読売日本交響楽団

     サントリーホール  7時

 ヴォルフガング・リームの「ins offene…」(第2稿、日本初演)と、ブルックナーの「交響曲第7番」。ツァグロゼクは久方ぶりの客演。コンサートマスターは日下紗矢子。

 「ins offene…」では、ステージの上手側と下手側に大きく分かれて配置された楽器群と、2階席の数カ所に配置されたいくつかの楽器が呼応して、鋭角的かつ幻想的な音空間を創る━━という効果も印象的だったが、これは2階席正面前方の席で聴いてのこと。ともあれ、音程的な動きを排しつつ多彩な音の層を構築して行く手法は、実に鮮やかなものである。
 ただ、私としては、鋭く持続される高音の響きには最近とみに苦痛を感じるようになって来たので、その意味ではこの曲、些か苦手の部類に入ると言えるかもしれない。

 ツァグロゼクは、もう結構な齢のはずだが、昔に変わらずきびきびした動作で、竹を割ったような性格の、歯切れのいい、割り切った演奏をオーケストラから引き出す。
 後半のブルックナーの「第7交響曲」では、冒頭からきりりと引き締まった音楽が開始された。だが何故かその響きが硬く鋭く、まだリームの余波が残っているようにも感じられて、この調子で行ったら味も素っ気もないブルックナーになるかも━━と一瞬不安が頭をよぎったのは事実だった。

 だが幸いなことに、ツァグロゼクと読響は、久しぶりの協演ながら、念入りなリハーサルの結果もあって、ただちに互いの一致点を見出したのだろう、特に後半にかけての音の構築は見事の極みで、当初の硬さと鋭さは澄み切った瑞々しい音色に変わり、高音の清澄な音色が重厚な中低音と完璧な均衡を保ち、しかも厳しく毅然として揺るぎのない威容を示すという、驚異的な演奏になって行ったのである。聴き手の襟を正させる演奏、というのは、こういったものを指すのではなかろうか。

 そして、ツァグロゼクがこれまで日本で指揮した多くの演奏━━私もその大部分を聴いてきたつもりだが━━の中でもこれほど完璧な(もしくは、それに極度に近い)演奏は、他に例を見なかったのではなかろうか? 多くのお客さんたちが同じように感じて、彼をソロ・カーテンコールにまで呼び出してくれたのは嬉しい。
 読響は、日本のオーケストラの中で、唯一ツァグロゼクと相性のいい団体のようだから、いっそ彼を特別客演指揮者にでも指名したら如何。

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」