2019-02

2019・2・17(日)西村朗:「紫苑物語」初演

      新国立劇場オペラパレス  2時

 新国立劇場の委嘱作品。石川淳の原作、佐々木幹郎の台本、西村朗の作曲による新作オペラ「紫苑物語」が初演された。

 演出は笈田ヨシ、舞台美術はトム・シェンク、振付が前田清美。大野和士が東京都交響楽団を率いてピットに入る。
 配役は宗頼を高田智弘、うつろ姫を清水華澄、藤内を村上敏明、弓麻呂を河野克典、千草を臼木あい、平太を大沼徹(ダブルキャストで、松平敬の日もある)、父を小山陽二郎、家来を川村彰仁。新国立劇場合唱団(三澤洋史指揮)。
 日本語上演で、日本語と英語の字幕が付いた。

 第一に、大野和士の指揮する都響が素晴らしい。冒頭の弦楽器群からして清澄透明な美しさだし、その弦も、厚みを以って豊麗に響く。この劇場のピットでも、指揮者とオケによってはこういう音を響かせることが出来るということがわかる(このふくよかさが、他のレギュラーオーケストラからどうして出ないのだろうと訝らざるを得ない)。

 歌手陣も、皆見事だ。高田智弘は尊大な主人公を堂々と歌い演じ、清水華澄は冒頭の婚礼の場面における長大で奇怪なコロラトゥーラ(?)を皮肉と滑稽さとを交えて歌い演じた。村上敏明の三枚目まじりの歌と演技も面白く、第1幕の幕切れで魔力にのされてしまうあたりも、すこぶる秀逸な顔の演技であった。他の人々もほぼ同様である。

 これは演出の巧さにもよるのだろうが、それよりもやはり、日本人が日本人のキャラクターを演じる時には、泰西ものでは出せない、つまり真似事ではない強みが存分に出るからだろう。
 それは笈田ヨシの演出全体にも言えることで、今回は現代劇と歌舞伎(調)とダンス(和風)との佳き混在━━というのだろうか、以前の「蝶々夫人」(東京芸術劇場)よりも思い切った手法が実現できていたような気がする。

 巨大な鏡を活用した装置も、舞台を多角的に見せ、多彩な表情を生み出して鮮やかだった。物語には「日本的な怪談」の色合いも濃いが、それは泉鏡花や小泉八雲などの世界とは性格を異にするものであり、その意味からも外国人に舞台装置を担当させ、インターナショナルな味をも織り込んだのは、良いアイディアと言うべきだろう。
 ただ、ストーリーの展開という意味での場面の移行は、たとえばラストシーンなど、もう少し解り易くならないだろうか?

 音楽は、スコアを見ていないので、ただ1回のみ聴いた印象でしか言えないのだが、ともかく西村朗の作品らしく色彩的、叙情的で、ミステリアスな描写力にも秀でている。
 ただし、たとえば婚礼の場の踊りなどをはじめとして、一つの音楽の繰り返しがちょっと長すぎ、くどいところがある(もしやあれはアドリブか?)。

 ともあれ、このような「日本的」なオペラの優れたプロダクションの登場を歓迎したい。そういう作品がもっと数多く生まれ、世界に発信できれば、日本の作品や演奏スタイルの世界に対する発言権ももっと強くなるだろう。
 休憩1回を含めた上演時間は2時間半強。このプロダクションは、このあと、20日、23日、24日にも上演される。

«  | HOME |  »

























Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

お知らせ

●2007年7月以前のArchivesを順次、アップロード中です。併せてご覧下さい。
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2006年7月

Category

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」