2018-06

2018・6・5(火)ウェルザー=メスト指揮クリーヴランド管弦楽団

     サントリーホール  7時

 ベートーヴェン・ツィクルスの今日は第3日、「《コリオラン》序曲」、「交響曲第8番」、「交響曲第5番《運命》」というプログラム。

 先日(初日)の印象を、今日の演奏に関しては全面的に修正しなければならない。
 今日は、ウェルザー=メストの指揮が壮烈な推進力にあふれて隙なく、「8番」の両端楽章での押しに押す気魄も、「5番」での速いテンポでたたみかける呼吸も傑出していた。
 クリーヴランド管弦楽団のサウンドも明晰かつ豊潤で、さすがの鮮やかさだ。3曲とも音に余裕と膨らみを持たせての、しかも均衡豊かに引き締まった音響構築が美しい。初日の演奏とは格段の違いである。

 そして、オーケストラの木管セクションが、今日はとりわけ美しい。
 「8番」第2楽章の、少し長めの音価を持ったスタッカートのリズム、あるいは「5番」第2楽章での第99小節からのフルート、オーボエ、ファゴットが歌い延ばすハーモニーと、続く第107~113小節でのクラリネットとファゴットが弦の彼方から夢の如く響かせる16分音符の音型などを聴くと、やはりこのオケは上手いなと思わせる。

 「5番」での、編成を18型(コントラバスは9)と倍管にしての演奏はすこぶる立派で、この曲が聴き手を鼓舞するエネルギーを満載した交響曲なのだということを改めて認識させてくれる。所謂「運命の動機」を、特別に際立たせることなく楽章全体の流れの中に組み込み、ひたすら精力的に推進させるのは当節の指揮者たちの流行とも言える手法だが、ウェルザー=メストの指揮は、そこでも均整が目だっている。

 第4楽章で提示部のリピートに入った瞬間の第1主題冒頭(C-E-G)は、その前からの流れも影響して、それが楽章の最初に出た時よりも輝かしく力に充ちるものだが、そこも今日はひときわ映えていた。展開部のクライマックスの、特に第513小節以降の演奏では、単に音量的なものを超えて、強靭な意志力をさえ感じさせる。
 ただ、アレグロのテンポが速めに採られているので、コーダのプレストとの対比が明確でなくなることには少々疑問も感じるし、主部が圧倒的だったために、大詰の個所での「締めの力感」が今一つという気もしたのだが、━━まあ、贅沢は言うまい。

 ウェルザー=メストも、クリーヴランド管も、初日と違い、今日は素晴らしかった。

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」