2017-09

2017・9・16(土)パーヴォ・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団

    NHKホール  6時

 NHK交響楽団の秋のシーズンの幕開け定期、Aプロの初日。首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィがショスタコーヴィチの「交響曲第7番《レニングラード》」を振る。客演コンサートマスターはロレンツ・ナストゥリカ・ヘルシュコヴィチ(ミュンヘン・フィル・コンマス)。

 これは実に舌を巻くような見事な演奏で━━と言っただけでは何だか解らないが、これだけ力感に富む咆哮を繰り返しつつ、しかもオーケストラが完璧な均衡を失わなかった、という演奏も稀有ではないか。

 N響は今やパーヴォ・ヤルヴィの「音」に完全にと言っていいほど同化し、特に弦楽器群は、独特の清澄な音色を響かせる。それは第3楽章などで冷徹なほどの透明な美しさを発揮するのはもちろんだが、終楽章のクライマックスにおいてさえ、ステージ後方にずらり並んだ金管楽器の大部隊の咆哮と拮抗して、澄んだ音色を一瞬とも失うことなく最後まで響かせ続けたのだった。
 N響の並外れた巧さもさることながら、パーヴォ・ヤルヴィのオーケストラの構築術の見事さを改めて認識させられた次第だ。

 なりふり構わず怒号するショスタコーヴィチの管弦楽法も、例えば「4番」や「8番」の場合にはそれも一つの魔性的な凄さとなるが、この「レニングラード」の場合には、一歩誤れば作品の中に肉離れを起こさせかねない危険性を孕んでいるだろう。それを実に巧みに解決した一例が、このパーヴォの指揮ではなかったろうか。

2017・9・16(土)ベルリン・コンツェルトハウス室内オーケストラ

     フィリアホール  2時

 早朝の新幹線で帰京。

 日下紗矢子をリーダーとするベルリン・コンツェルトハウス室内オーケストラは、もちろん彼女がコンサートマスターを務めているあのベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団(旧東独のベルリン交響楽団)のメンバーで構成されている団体である。結成は2009年の由。
 3度目の来日になる今回は、弦は彼女を含め12、チェンバロ1という編成。今日から23日までの間に中新田、西宮、岡崎、福岡、松本で演奏会を開くというスケジュールだ。東京が抜けているというのは残念だが、それはこの演奏を聴けば、日下紗矢子という人が如何に凄いかが判るからである。

 前半にコレッリの「合奏協奏曲ニ長調作品6の4」、ヴィヴァルディの「調和の霊感」から「ホ長調作品3の12」と「イ短調作品3の6」、そして再びコレッリの「クリスマス協奏曲」が演奏された。そのすべてのソロを弾いたのが彼女である。
 後半にはシベリウスの「ヴァイオリンと弦楽のための組曲 作品117」と「アンダンテ・フェスティーヴォ」、最後にグリーグの「ホルベアの時代より」というプログラムで、ここでも彼女がリーダーとして活躍する。
 ステージ上での彼女の挙止そのものはむしろ控えめに見えるが、コンサートマスター及びソリストとしての演奏の上での存在感は厳然たるものだ。

 このホール、席数は500と小ぶりだが、音響は素晴らしく良いのが有名だ。そのため、日下紗矢子のソロと弦楽アンサンブルとが、いっそう美しく映える。
 前半でのコレッリとヴィヴァルディの曲想の対比が明快に示された演奏も見事だったし、彼女のソロも鮮やかだ。そして、ガラリと雰囲気を変えた後半の北欧ものでの陰影に富んだ演奏の味は、更にその上を行く魅力的なものだった。私の好きな「アンダンテ・フェスティーヴォ」が入っていたのは個人的にも嬉しかったし、「ホルベアの時代より」には、先日のSKOの機能的な演奏よりも遥かに「グリーグ的な憂愁美」が感じられたのである。

 アンコールにモーツァルトの「ディヴェルティメントK.136」の終楽章が飛び行くように演奏され、4時少し前にコンサートは終った。
 次に聴くのは渋谷のNHKホールにおけるN響のショスタコーヴィチの「レニングラード」だが、言っても詮無いことながらこの2つの演奏会、順序を逆にして聴きたいところではあった・・・・。

 フィリアホールに直結する東急田園都市線・青葉台駅からは、急行に乗れば渋谷まで25分程度。

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」