2017-07

2017・7・22(土)フェスタサマーミューザKAWASAKI ノット指揮東京響

      ミューザ川崎シンフォニーホール  3時

 恒例の「フェスタサマーミューザKAWASAKI」が開幕した。オープニングの演奏を受け持ったのはもちろんホストオーケストラの東京交響楽団で、昨年に続き、音楽監督ジョナサン・ノットがみずから指揮。開幕公演に全力投球、というところだろう。
 プログラムはシェーンベルクの「浄められた夜」と、ストラヴィンスキーの「春の祭典」。コンサートマスターは水谷晃。

 真夏のフェスティバルの幕開けの曲が、こともあろうに「冬枯れの木立の中を、月光を浴びて歩いて行く1組の男女」の深刻な会話(R・デーメルの詩)を題材にした作品とは、何ともユーモア感覚に富む選曲というか。
 ノットの指揮も、演奏時間31分というかなりの遅いテンポで、重苦しく男女の苦悩を描き出した。最初の部分など、あたかも女が意気消沈、歩くのもやっとという様子で男に秘密を打ち明けはじめる━━といった表現の演奏だったが、全体を通して聴けば、2人の心理の変化は出ていたであろう。
 拍手とブラヴォ―は盛ん。この川崎では、ノットと東響は、どんな演奏であっても聴衆から熱狂的に歓迎されるようである。

 後半は「春の祭典」。これはもう、ノット特有の鋭いデュナミークの対比と、筋金入りの剛直なサウンドによる、どっしりした強面の演奏である。ただし、どれほどオーケストラを激しく咆哮させても、どこかに冷静な節度を保っていて、決して魔性的な感情に陥ることがない━━というのも、ノットの指揮の特徴だろう。
 東京響も、剛直な演奏でこれに応えていた。ホルン・セクションにちょっと不安を感じさせるところがなくもなかったが、その他のセクションは安定していた。

 ティンパニはすこぶる強力で、しばしば他の楽器のパートを圧倒したほどだが、これはノットの指示に由るのだろう。そういえばノットは、いくつかの個所で、スコアにおけるデュナミーク指定を逆転させて演奏させていたが、これは時に主題を他の楽器の咆哮の裡に埋没させる結果を招いており、些か賛成しかねるケースもある。

 最後の「いけにえの踊り」の頂点は壮烈な昂揚。満席近い客席からの拍手と歓声もそれに相応しかった。アンコールは無し。ノットは先週の定期と同様、今回もソロ・カーテンコールでステージに呼び戻されていた。川崎でのノットの人気は凄まじい。

«  | HOME |  »

Since
September 13, 2007

これまでの来訪者数

最近の記事

カテゴリー

全記事表示

全ての記事を表示する

RSSフィード

ブログ内検索

プロフィール

リンク

News   

雑誌 モーストリー・クラシック に連載中
「東条碩夫の音楽巡礼記」